Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の序 ある人いはく人は高き賤しきをいはずものの心つかば・・・

校訂本文

思慮を専らにすべき事

ある人いはく、人は高き賤しきをいはず、ものの心つかば、若くより主に仕へて、私をかへりみ、家起し、身を立つる道をよく案じて、なにごとにつけても、身を安くせず、箕裘の業を宗として、その方の営みをあひはげむべし。

愚なるたぐひ、親のあまやかし、乳母のもてなすに随ひて、いつとなくかからむずる1)と思ひて、なりたたむ末のこともわきまへぬなり。

また、親もあひ添へて、愛子に咎(とが)や忘るらむ、後の毒をかへりみず、その子を教へせせがまぬだに不便なるに、せめてのいとほしさのあまりには、「人の報ひは、来たるものなれば、かせぐによらず、能も無益なり。今あるやうもありなん、われありて、あらむかぎりは、『わびし』と思はで、思ふさまなれ」とさへ、荒涼のことを言ひ知らせつれば、さらぬだに、心は悪しき方に引くものなれば、「げに、さり」と思ひて、いかが手にもかからず、悪(わる)き友達を語らひ、酒盛りをのみ好み2)、博奕に心を入るるほどに、とりどころなき徒者に生ひたるなり。

これも、親も子も、思ひはかりなきより、あることなり。かかるもの、たまたま宮仕へを思ひ立つとも、さる振舞ひをするうへは、心に入るる主もなし。仏神は広く衆生を哀れみ給へども、不信の者は利生にあづかること少なく、主人はあまねく使はれ人をはぐくめども、不用のともがらには、恩顧ほどこしがたし。

しかれば、おほかたの道理、さることなれども、したる所作もなくて、そらに果報を期せんこと、おほきに不定のはからひなり。かやうのことを言ふ者は、心のいたりてものくさく、性の極めて不覚なるかいたすところなり。

まづ、あるべからむ振舞ひを用意して、そのうへ果報を待つは、流に棹ささむごとし。「漸見湿土泥、決定知近水」とこそ、『法華経』にも説かれたれば、営むかたにつきて、さまざまの願望を満つべきことと見えたり。乾燥の土の中より、ただ一度に水を得ることは、かたかるべし。

おのづから、また、無能、不忠の者も、良きためしもあれども、それは前生の宿善、厚きにこたへて、あるやうこそはあらめ。「うちまかせたるならひ」と頼まむこと、鵜の真似する烏に似たり。株を守る愚夫に異ならず。

余呉の海の仙人の下界の人にともなひ、水の江の浦島子が蓬莱へ行きたりけん昔語をば、世の常のことと思ふべきにや。少は無に処するいはれなり。顔回は賢者なれども、不孝にして早く死し、盗跖、賊徒なれども、寿をもて終へけるは、ことはりの外なれば、誰は誰か、なべてためしと信ずべきや。

楽天3)、書き給へることあり、

  去者逍遥来者死

  乃知禍福不天為

これは、秦の李斯らが心を嫌ひ、漢の園公4)らが振舞ひを讃めたる、古調四韻のうちの落句なり。

かかるにつけても、「三界唯一心也、心の外に別の法なかりけり」と思ゆ。楽天、また文殊の化身なれば、いかが信ぜざらむ。ただし、いまだ来らざらむ報を、いらいらしく願ひ求めて、聞きいでごとなどすべからず。

よろづにつけて、よく思ひはかりをめぐらすべきなり。

翻刻

  第六可専思慮事
或人云、人ハ高キ賤キヲイハス、物ノ心ツカハ、ワカクヨリ主
ニ仕テ、私ヲカヘリミ、家ヲコシ身ヲ立ル道ヲ、ヨク案
シテ、何事ニ付テモ、身ヲ安クセス、箕裘業ヲ宗
トシテ、其方ノ営ヲ相ハケムヘシ、愚ナル類ヒ、オヤノアマ
ヤカシ、メノトノモテナスニ随テ、イツトナクアアラムスルト
思テ、ナリタタムスエノ事モワキマヘヌ也、又親モアヒソヘ
テ愛子ニ咎ヤワスルラム、後ノ毒ヲカヘリミス、其
子ヲ教ヘセセカマヌタニ不便ナルニ、セメテノ糸惜サノ/k104
アマリニハ、人ノ報ハキタル物ナレハ、カセクニヨラス、能モ
無益也、今アルヤウモ有ナン、我アリテアラムカキリ
ハ、ワヒシト思ハテ、オモフサマナレトサヘ荒涼ノ事ヲ
云シラセツレハ、サラヌタニ心ハアシキカタニヒク物ナレ
ハ、ケニサリト思テ、イカカ手ニモカカラス、ワルキ友達
ヲカタラヒ、酒ヲモリヲノミコノミ、博奕ニ心ヲ入
ルル程ニ、トリトコロナキ徒者ニオヒタルナリ、是モ
親モ子モ思ハカリナキヨリアル事也、カカルモノタマタマ
宮仕ヲ思立トモ、サル振舞ヲスルウヘハ、心ニ入ル主モ
ナシ、仏神ハヒロク衆生ヲ哀給ヘトモ、不信ノモノハ
利生ニ預ル事スクナク、主人ハアマネクツカハレ人ヲ/k105
ハククメトモ、不用ノトモカラニハ、恩顧ホトコシカタシ、然ハ
大方ノ道理サル事ナレトモ、シタル所作モナクテ、ソラ
ニ果報ヲ期セン事、大ニ不定ノハカラヒ也、カヤウノ
事ヲ云モノハ、心ノイタリテ物クサク、性ノ極メテ不
覚ナルカイタス所也、先アルヘカラム振舞ヲ用意シ
テ、其上果報ヲ待ハ流ニサヲササムコトシ、漸見湿
土泥決定知近水トコソ法華経ニモトカレタレハ
営ムカタニ付テ、様々ノ願望ヲミツヘキコトト見エタリ、
乾燥ノ土ノ中ヨリ只一度ニ水ヲ得事ハ、カタカルヘシ、
自又無能不忠ノモノモ、ヨキタメシモアレトモ、其ハ
前生ノ宿善厚ニコタヘテ有様コソハ有ラメ、ウ/k106
チマカセタルナラヒト、タノマム事、ウノマネスル烏ニ似タ
リ、株ヲ守ル愚夫ニコトナラス、ヨコノ海ノ仙人ノ下
界ノ人ニトモナヒ、水ノ江ノ浦島子カ蓬莱ヘ行タリ
ケン昔語ヲハ、ヨノツネノ事ト思フヘキニヤ、少ハ無ニ
処スルイハレナリ、顔回ハ賢者ナレトモ、不孝ニシテハヤ
ク死シ、盗跖賊徒ナレトモ、寿ヲモテヲヘケルハ、コト
ハリノ外ナレハ、タレハタレカナヘテ例ト信スヘキヤ、楽天
書給ヘル事アリ、
  去者逍遥来者死、乃知禍福不天為
是ハ秦ノ李斯等カ心ヲキラヒ、漢ノ園公等カフ
ルマヒヲホメタル古調四韻ノ内ノ落句也、カカルニ付/k107
テモ、三界唯一心也、心ノ外ニ別ノ法ナカリケリト覚
ユ、楽天又文殊ノ化身ナレハ、イカカ信セサラム、唯シ
イマタ来ラサラム報ヲ、イライラシク願ヒ求テ聞
イテ事ナトスヘカラス、万ニ付テ能ク思ハカリヲ
メクラスヘキ也、/k108
1)
「かからむずる」は底本「ああらむする」。諸本により訂正。
2)
「酒盛りをのみ好み」は、底本「酒をもりをのみこのみ」。諸本により訂正。
3)
白居易
4)
東園公。商山四皓の一人
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-00.txt · 最終更新: 2016/02/23 14:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa