Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の3 漢の馮昭儀は元帝の御時の官女なり・・・

校訂本文

漢の馮昭儀1)は、元帝の御時の官女なり。園にこめて飼ひ給ひける熊の、放れて、帝の御座近く進み寄れりけるに、昭儀、これを防いで、身をまかせたりければ、熊とどまりたりけるを、左右より人来て、取りてけり。

帝、昭儀にゆゑを問ひ給ふ。「われ聞く、『猛獣は人を得て進まず』。ゆゑに君に近づき奉ることを恐れて、かれにあたる」とぞ申しける。女なれども、「身に代り奉らむ」と思ふ志、深かりけり。

わが朝、奈良の御門の御時、猿沢の池に身を投げし采女2)は、はかなき契を心憂く思ひ入りたるばかりにて、この筋にはあらざりけり。

翻刻

三漢ノ馮昭儀ハ元帝ノ御時ノ官女也、園ニコメ
  テカヒ給ケル熊ノ、ハナレテ帝ノ御座チカク
  ススミヨレリケルニ、昭儀是ヲフセイテ身ヲマ
  カセタリケレハ、熊トトマリタリケルヲ、左右ヨリ
  人来テ取テケリ、帝昭儀ニ故ヲ問給ワレキク
  猛獣ハ人ヲ得テススマス、故ニ君ニ近ツキ奉
  事ヲ恐テ、彼ニアタルトソ申ケル、女ナレトモ身ニ
  カハリ奉ラムト思フ志シフカカリケリ、我朝奈
  良ノ御門御時、サルサハノ池ニ身ヲナケシ宋女
  ハハカナキ契ヲ心ウク思入タルハカリニテ、コノ/k34
  スチニハアラサリケリ、/k35
1)
馮媛・馮婕妤
2)
底本「宋女」諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-03.txt · 最終更新: 2015/12/18 00:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa