Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の17 太秦なる所にしかるべき女房の色好むありと聞きて・・・

校訂本文

「太秦(うづまさ)なる所に、しかるべき女房の色好むあり」と聞きて、上の男ども、長月のころ、月の明かかりける夜、あまた尋ね行きたりけるに、いとものさびたる家の簀子(すのこ)の下に、遣水の音たえだえ聞こえて、折しもうちしぐれたる空の気色、むら雲立ちて、いとあはれなるに、「忘るる間なく」など口すさみて、中門の廊めかしき所に、おのおのたたずみ、寄り居などしたるほどに、薫なのめならず香りて、御簾の内より艶(えん)なる声にて、

岸柳秋風遠塞情

とながめたりけり。

人々、「なかなかなることもぞ、言ひ懸けらるる。やくなし」とて、何となきさまにて、帰りにけり。

いかにおくゆかしかりけむ。

翻刻

ウツマサナル所ニ、可然女房ノ色コノム有ト聞テ、上
ノ男トモ長月ノ頃月ノアカカリケル夜、アマタ尋ネ
行タリケルニ、イト物サヒタル家ノスノコノ下ニ、遣水
ノ音タエタエ聞エテ、オリシモウチ時雨タル空ノ
気色村雲タチテイト哀ナルニ、忘ルルマナクナト
口スサミテ、中門ノ廊メカシキ所ニ、各タタスミヨリ
居ナトシタル程ニ、薫ナノメナラスカホリテ、御スノ
ウチヨリエンナル声ニテ、岸柳秋風遠塞情ト/k40
ナカメタリケリ、人々中々ナル事モソ云懸ルルヤ
クナシトテ、何トナキサマニテ帰ニケリ、イカニ奥ユ
カシカリケム、/k41
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-17.txt · 最終更新: 2015/09/02 01:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa