Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の5 文範民部卿余慶僧正を貴き僧とて人の妻をするよと・・・

校訂本文

文範民部卿1)、余慶僧正を、「貴き僧とて、人の妻をするよ」と言ひてけり。僧正、このよし聞きて、たちまちに民部卿のもとへ渡られにけり。

民部卿、その心を得て、所労のよしを言ひて、会はざりければ、僧正、「なほ大事なること。みづから聞こえむ」とありければ、出でざりけるほどに、「さは、投出せ」と2)加持せられければ、屏風の上より投げ出だされて、まどひくるめきける時、僧正、「さこそ」とて帰られけり。

文範は三日ばかり死にたるやうにて、悩み臥したりけり。これによりて、子ども引き具して、二子を僧正に奉りて、命生けにけり。

翻刻

文範民部卿余慶僧正ヲ貴キ僧トテ人ノ妻ヲスルヨ
ト云テケリ、僧正此由聞テ、忽ニ民部卿ノモトヘ渡ラレ
ニケリ、民部卿其心ヲ得テ所労ノ由ヲ云テ値サリ
ケレハ、僧正猶大事ナル事自聞ムト有ケレハ、出サ/k155
リケル程ニ、然者投出下加持セラレケレハ、屏風ノ上ヨ
リ投出レテマトヒクルメキケル時、僧正サコソトテ帰
ラレケリ、文範ハ三日ハカリ死タルヤウニテ悩ミフシタ
リケリ、依之子共引具テ二子ヲ僧正ニ奉テ命
イケニケリ、/k156
1)
藤原文範
2)
底本「投出下」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-05.txt · 最終更新: 2015/11/03 19:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa