Recent changes RSS feed

十訓抄 第三 人倫を侮らざる事

3の序 ある人いはく人をあなづることは色は変れども・・・

校訂本文

第三 人倫を侮らざる事

ある人いはく、人を侮(あなづ)ることは、色は変れども、必らずあることなり。

あるいは、貧しく1)賤しきをも侮る。

あるいは、不覚なるをも侮る。

下りざまなるをも侮りて、すること、言ふことをも、「さばかりにこそ」と思へり。

あるいは、親しみ、むつるるをも侮り、おほかた不運なるものをば、所行・事柄、よからぬやうに思ひ、賤しきものは振舞ひごと、いたつらごとと思へり。

これは無智の人のあることなり。これによりて、言ふまじき言をも言ひ、すまじきわざをも振舞ふほどに、侮る葛(かづら)に倒(たふ)れして、思はざるほかの辱(は)ぢがましきことにもあひ、言はるまじき者にも言はれぬれば、人に軽(かろ)く思ひけがされ、心劣りせらるるなり。

孤児・寡婦なりとも欺くべからず。重く本文の心を信ずべし。人々、とりてかたく執すべきことなり。

翻刻

  第三不侮人倫事
或人云、人ヲアナツル事ハ色ハカハレトモ、必有事也、或貧シ/k111
シク賤ヲモ慢ル、或ハ不覚ナルヲモ慢ル、サカリサマナルヲ
モ慢テ、スル事云事ヲモサハカリニコソト思ヘリ、或ハシ
タシミムツルルヲモアナツリ、大方不運ナルモノヲハ所行
事カラヨカラヌヤウニ思、イヤシキモノハ振舞事イ
タツラコトト思ヘリ、是ハ無智ノ人ノアル事也、依之云
マシキ言ヲモ云、スマシキワサヲモ振舞フホトニ、アナ
ツルカツラニタフレシテ、思ハサル外ノ辱カマシキ事ニ
モアヒイハルマシキモノニモイハレヌレハ、人ニカロク思ケ
カサレ心ヲトリセラルル也、孤児寡婦ナリトモ欺ク
ヘカラス、オモク本文ノ心ヲ信スヘシ、人々トリテ堅ク/k112
執スヘキ事也、/k113
1)
底本「貧ししく」。衍字とみて訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho03-00.txt · 最終更新: 2015/10/23 11:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa