Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の5 わが朝には山陰中納言筑紫へ下り給ひける道に・・・

校訂本文

わが朝には、山陰中納言1)、筑紫へ下り給ひける道に、鵜飼の殺さんとしける亀を、買ひて放ちてけり。

その後、若君の二つばかりなるを具し給へるを、継母、乳母に心を合せて、とりはづしたるあやまちのやうにて、海に落し入れつ。

中納言、「あさまし」と思ふほどに、放ちつる亀、その児を甲に乗せて、舟のはたに置きたりければ、取上げてけり。このこと、如無僧都2)の物語とて、人、ことに知れり。細かに書かず3)

翻刻

ノ命ヲイケテ彼酬ヲエタリ、吾朝ニハ/k16
山蔭中納言筑紫ヘ下給ケル道ニ、鵜飼ノコロサント
シケル亀ヲカヒテハナチテケリ、其后若君ノ二ツハカ/k16
リナルヲ具シ給ヘルヲ、継母乳母ニ心ヲ合セテ、トリ
ハツシタルアヤマチノヤウニテ、海ニオトシ入ツ中納言浅
猿ト思フ程ニ、ハナチツル亀、ソノチコヲ甲ニ乗テ舟
ノハタニ置タリケレハ取アケテケリ、此事如夢僧
都ノ物語トテ人コトニシレリコマカニ書ス、蜂ト云/k17
1)
藤原山蔭
2)
底本「如夢僧都」。今昔物語集などにより訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-05.txt · 最終更新: 2016/02/21 17:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa