Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の25 小野皇后宮二条東洞院の御所にて最勝王経を・・・

校訂本文

小野皇后宮1)、二条東洞院の御所にて、最勝王経を書かせ給ひけるほどに、夕立して、神落ちて、御殿の内へ入りにけり。

宮は経を持たせ給ひながら、亡(ばう)せるがごとくにておはしけるに、神のぼり、雲晴れて、御目を開きて、御経を御覧じければ、空紙の所はみな焼けて、文字は一つも焼けず残りたりけり。また、奉りたる御衣どもは焦がれたりけれども、御身はつつがもおはしまさざりけり。

翻刻

廿八小野皇后宮二条東洞院ノ御所ニテ、最勝王経ヲ
    カカセ玉ヒケル程ニ、ユフタチシテ神オチテ御殿ノ内ヘ/k79
    入ニケリ、宮ハ経ヲモタセ給ナカラ、亡セルカ如クニテ
    オハシケルニ、カミノホリ雲ハレテ、御目ヲ開テ御
    経ヲ御覧シケレハ、空紙ノ所ハ皆ヤケテ、文字ハ一
    モヤケス残タリケリ、又タテマツリタル御衣共ハコ
    カレタリケレトモ、御身ハツツカモオハシマササリケリ、/k80
1)
藤原歓子・後冷泉天皇皇后
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-25.txt · 最終更新: 2016/01/17 23:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa