Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の73 醍醐の桜会に童舞おもしろき年ありけり・・・

校訂本文

醍醐の桜会に、童舞おもしろき年ありけり。源運といふ僧、その時、少将公とて、みめもすぐれてよく、舞もかたへにすぐれて見えけるを、宇治の宗順阿闍梨見て、思ひあまりけるにや、あくる日、少将公のもとへいひやりける

  きのふ見しすがたの池に袖濡れてしぼりかねぬといかで知らせん

少将公の返事、

  あまた見しすがたの池の影なれば誰(たれ)ゆゑしぼる袂(たもと)なるらん

といへりける。時にとりて、めづらしかりけり。

中院僧正1)、見物し給ひけるが、これを聞きて、「いみじ」と思ひしめて、同じ入道右府2)に対面のついでに、このことを語り出で給ひて、「やさしくこそ思え侍りしか」とありければ、入道殿、「歌は覚えさせ給はん」など、のたまひけるを、「そればかりは、などか」とて、「少将公がり、宗順阿闍梨つかはし侍るに、

  きのふ見しにこそ袖は濡れしか

と詠めるに、少将公

  荒涼(くわうりやう)にこそ濡れけれ

と返して侍りし」と語り給ひけるに、たへがたくおかしく思えけれど、さばかりの生き仏の、ねんごろに言ひ出で給ひけることなれば、忍び給けるとなん。ずちなくおはしけり。

和歌の道は顕密・知法の碩徳にはよらざりけりと、なかなか、いとたふとし。同じ僧正なれども、昔の遍昭、今の覚忠などには似給はざりけり。

およそ、高き賤き、心の引かん方につけて、能はいかにもあるべきなり。無能の人は大きなる恥なるべし。なればにや、布袋和尚の十無益を書き給へるなかに、「文武不備、心高無益」とあり。和尚は弥勒の化作なり。

そもそも、人、たとひ和歌・管絃すぐれたりとも、才幹のおろかに、風月の欠けぬれば、なほしあなづらはしく、かろがろしく思ゆ。

唐の太宗の臣、王珪申していはく、「人臣、学業なければ、心賢なりといへども、昔の言葉、古(いにしへ)の振舞ひを知らず。あに大なる任をつかさどらんや」といへり。ゆゑに、蘇秦は股(もも)を刺して眠りをおどろかして学び、董生は帷(とばり)を垂れて、外を見ずして勤めけり。また太宗は貞観三年にはじめて、孔子の廟堂を建てて、周公旦と孔子とを先聖として、顔回を先師とせり。これ、文を重くし給へるゆゑなり。

しからばすなはち、史書・全経をも学び知り、詞華・翰棠をもたしなみて、旧記に暗からず、古き跡を恥ぢずして、君道にもかなひ、身徳ともせんこと、まことの至要なり。

ただし、また次ざまの人は、させる才芸に足らずとも、心をきてのさかさかしき、世にある道にとりて、第一の能なり。さまざまの芸能も、まづ心操ととのへてのうへのことなり。されば、相経にも、無尽の相どもをいひて、終りには「但し貧福心にあり」と書けり。

翻刻

七十五醍醐ノ桜会ニ童舞オモシロキ年有ケリ、源運ト/k121
      云僧其時少将公トテミメモスクレテヨク、舞モカタ
      ヘニ勝レテ見エケルヲ、宇治ノ宗順阿闍梨ミテ、思ア
      マリケルニヤ、アクル日少将公ノモトヘ云遣ケル、
        キノフミシスカタノイケニ袖ヌレテ、シホリカネヌトイカテシラセン、
      少将公返事
        アマタミシスカタノイケノカケナレハ、タレユヘシホルタモトナルラン
      トイヘリケル、時ニトリテメツラシカリケリ、
      中院僧正見物シ給ケルカ、是ヲ聞テイミシト思シメテ、
      同入道右府ニ対面ノ次ニ、此事ヲ語出給テ、ヤサシ
      クコソ覚エ侍シカト有ケレハ、入道殿哥ハオホエサセ給/k122
      ハンナトノ給ケルヲ、ソレハカリハナトカトテ、少将公カリ宗
      順阿闍梨ツカハシ侍ルニ、
        昨日ミシニコソ袖ハヌレシカ
      トヨメルニ、少将公
        クワウリヤウニコソヌレケレ
      トカヘシテ侍シトカタリ給ケルニ、タヘカタクオカシクオホエ
      ケレト、サハカリノイキ仏ノ、ネンコロニ云出タマヒケル事ナ
      レハ、忍給ケルトナン、スチナクオハシケリ、和哥ノ道ハ顕密
      知法ノ碩徳ニハヨラサリケリト、中々イトタウトシ、同僧
      正ナレトモ、昔ノ遍昭今ノ覚忠ナトニハ似給ハサリケリ、/k123
      凡高キ賤キ心ノヒカン方ニ付テ、能ハイカニモ有ヘキ
      ナリ無能人ハオホキナル恥ナルヘシナレハニヤ布袋和尚
      ノ十無益ヲカキ給ヘル中ニ、文武不備心高無益トア
      リ、和尚ハ弥勒ノ化作ナリ、
      抑人縦ヒ和哥管絃勝レタリトモ、才幹ノ愚カニ、風
      月ノカケヌレハ、ナヲシアナツラハシク、カロカロシク覚ユ、
      唐太宗ノ臣王珪申テ云、人臣学業ナケレハ心賢ナリ
      トイヘトモ、昔ノ言ハ古ノ振舞ヲシラス、豈大ナル任ヲツ
      カサトランヤト云リ、故ニ蘇秦ハモモヲサシテ眠ヲ驚カシ
      テマナヒ、董生ハ帷ヲタレテ外ヲミスシテ勤メケリ、又大/k124
      宗ハ貞観三年ニ始テ孔子ノ廟堂ヲタテテ周公旦ト
      孔子トヲ先聖トシテ、顔回ヲ先師トセリ、是文ヲ重ク
      シ給ヘル故也。然則史書全経ヲモマナヒシリ、詞華翰棠
      ヲモタシナミテ、旧記ニクラカラス、古キ跡ヲ不恥シテ
      君道ニモカナヒ、身徳トモセン事実ノ至要也、但又次
      サマノ人ハ、サセル才芸ニタラストモ、心ヲキテノサカサカシキ、
      世ニアル道ニトリテ、第一ノ能也、サマサマノ芸能モ、マツ心操
      トトノヘテノ上ノ事也、サレハ相経ニモ無尽ノ相トモヲ云
      テ、ヲハリニハ但貧福心ニ有ト書リ、/k125
1)
定遍
2)
源雅定
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-73.txt · 最終更新: 2016/04/21 01:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa