Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の57 われその能ありと思へども・・・

校訂本文

「われ、その能あり」と思へども、人々にゆるされ、世に所置かるるほどの身ならずして、人のしわざも讃めんとせむことをも、いささか用意すべきものなり。

三河守知房1)所詠の歌を、伊家弁2)、感歎して、「優に詠み給へり」と言ひけるを、知房、腹立して「詩を作ることは敵(かたき)にあらず。和歌の方は、すこぶる彼に劣れり。これによりて、かくのごとく言はるる。もつとも奇怪なり。今より後、和歌を詠むべからず」と言ひけり。

優の詞(ことば)も、事によりて斟酌すべきにや。

これは、勝れるが申し讃(ほ)むるをだに、かく咎めけり。いはんや、劣らむ身にて、褒美、なかなか、かたはらいたかるべし。よく心得て、心操をもて、しづむべきなり。

「人の善をも言ふべからず。いはんや、その悪をや」。この意、もっとも神妙か。

ただし、人々、遍昭寺にて、「山家秋月」といふことを詠みけり。その中に、範永朝臣3)、蔵人たる時の歌、

  住む人もなき山里の秋の夜は月の光もさびしかりけり

とありけり。件(くだん)の懐紙の草案どもを、定頼中納言4)、取りて、公任卿5)出家して居られたる、北山長谷といふ所につかはしたりければ、範永が歌を深く感じて、かの歌の端(はし)に、「範永誰人哉。得其体」と、自筆にて書きつけられたりけるを、範永、情感にたへず、その草案乞ひ取りて、錦袋に入て宝物として持ちたりけり。

これこそ称美のかひありと聞こゆれ。かやうのことは、よくいたれる人のすべきなり。

翻刻

ル女房也、我其能アリト思ヘトモ、人々ニユルサレ世ニ所/k98
ヲカルル程ノ身ナラスシテ、人ノシハサモホメントセム事
ヲモイササカ用意スヘキ物也、
三河守知房所詠ノ哥ヲ伊家弁感歎シテ優ニ
ヨミ給ヘリト云ケルヲ知房腹立シテ詩ヲ作事ハ
カタキニ非ス、和歌ノ方ハ頗彼ニヲトレリ、是ニヨリ
テ如此イハルル、尤奇怪ナリ、今ヨリ後和哥ヲヨム
ヘカラスト云ケリ、優ノ詞モ事ニヨリテ斟酌スヘ
キニヤ、是ハマサレルカ申ホムルヲタニ、カクトカメケリ、
況ヤヲトラム身ニテ褒美、中々片腹痛カルヘシ、ヨク
心得テ心操ヲモテシツムヘキ也人ノ善ヲモ云ヘカラ/k99
ス、況ヤ其悪ヲヤ、此意尤神妙歟、但人々遍昭寺ニテ
山家秋月ト云事ヲ読ケリ、其中ニ範永朝臣蔵人
タル時ノ哥、
  住人モナキ山里ノ秋ノ夜ハ、月ノヒカリモサヒシカリケリ
トアリケリ、件懐紙ノ草案共ヲ、定頼中納言トリ
テ、公任卿出家シテ居ラレタル北山長谷ト云所ニ遣シ
タリケレハ、範永カ哥ヲ深感シテ、彼哥ノハシニ、範永
誰人哉得其体ト自筆ニテ書ツケラレタリケルヲ、
範永情感ニタヘス其草案乞取テ、錦袋ニ入テ宝物
トシテ持タリケリ、是コソ称美ノカヒアリト聞レカ/k100
ヤウノ事ハヨクイタレル人ノスヘキ也、/k101
1)
藤原知房
2)
藤原伊家
3)
藤原範永
4)
藤原定頼。藤原公任の子
5)
藤原公任
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-57.txt · 最終更新: 2015/10/08 18:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa