Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の2 粟田讃岐守兼房といふ人ありけり。年ごろ和歌を好みけれど・・・

校訂本文

粟田讃岐守兼房1)といふ人ありけり。年ごろ和歌を好みけれど、よろしき歌も詠み出ださざりければ、心に常に人麻呂2)を念じけるに、ある夜の夢に、西坂本と思ゆる所に、木はなくて梅の花ばかり雪のごとく散りて、いみじく芳(かうば)しかりける、心に「めでたし」と思ふほどに、かたはらに年高き人あり。直衣に薄色の指貫、紅の下の袴を着て、なえたる烏帽子をして、烏帽子の尻いと高くて、常の人にも似ざりけり。左の手に紙を持て、右の手に筆を染めて、ものを案ずる気色なり。あやしくて、「誰人にか」と思ふほどに、この人言ふやう、「年ごろ、人麻呂を心にかけ給へる、その志深きによて、形を見え奉る」とばかり言ひて、かき消つやうに失せぬ。

夢覚めて後、朝に絵師を呼びて、このありさまを語りて描かせけれど、似ざりければ、たびたび描かせて似たりけるを、宝にして、常に礼(らい)しければ、その験(しるし)にやありけん、先よりもよろしき歌、詠まれけり。年ごろありて、死なむとしける時、白河院に参らせたりければ、ことに悦ばせ給ひて、御宝の中に加へて、鳥羽の宝蔵に納められにけり。

六条修理大夫顕季卿3)、さまざまにたびたび申して、申し出でて、信茂をかたりて、書写して持たれたりけり。敦光4)に讃作らせて、神祇伯顕仲5)に清書させて、本尊としてはじめて影供せられける。時に、聟たち多けれども、「その道の人なれば」とて、俊頼朝臣6)ぞ陪膳はせられける。さて、年ごろ影供を怠らざりけり。

末に長実7)・家保8)などをおきて、三男顕輔9)、この道にたへたりければ、譲り得たりけるを、院に参らせたりける時、御感ありけるを、長実、御前に候ひけるが、そねむ心やありけむ、「人麻呂影、其無益。めづらしき文あらば、色紙10)一枚には劣りたり」とつぶやきたりければ、院の御気色かはりて、悪しかりければ、立ちけるを召し返して、「汝(なんぢ)はいかでか、わが前にてかかることをば申ぞ。みなもと、夢よりおこりて、あだなることなれど、兼房さるものにて、『ことのほかに描けることはあらじ』と思ひて、われすでに宝物の内に用ゐて、年ごろ経にたり。汝が父、懇(ねんご)ろにこれを営みて久しくなりぬ。かたがた、いかでかをこづくべき。かへすがへす不当のことなり」とて、いみじくむつからせ給ひけれは、はふはふ出でて、年中ばかりは門さして、音だにせられざりけり。

これにつけても、かの影の光になりにけるとなむ。

翻刻

粟田讃岐守兼房ト云人アリケリ、年来和哥ヲ
好ミケレト、宜キ哥モ読出ササリケレハ、心ニ常ニ人/k141
丸ヲ念ケルニ、或夜ノ夢ニ、西坂本ト覚ユル所ニ、木ハナ
クテ梅花ハカリ雪ノ如ク散テ、イミシク芳ハシカリ
ケル、心ニ目出シト思程ニ、傍ニ年高キ人アリ、直衣
ニ薄色ノ指貫紅ノ下ノ袴ヲ着テ、ナヘタル烏帽
子ヲシテ、烏帽子ノ尻イト高クテ、常ノ人ニモ似サ
リケリ、左ノ手ニ紙ヲモテ、右ノ手ニ筆ヲ染テ、物
ヲ案スル気色ナリ、アヤシクテ誰人ニカト思程ニ、
此人云様、年来人丸ヲ心ニ懸給ヘル、其志深ニヨテ
形ヲ見エ奉ルトハカリ云テ、カキケツヤウニ失ヌ、
夢覚テ後朝ニ絵師ヲヨヒテ、此ノ有様ヲ語テ書/k142
セケレト似サリケレハ、度々書セテ似タリケルヲ、宝
ニシテ、常ニ礼シケレハ、其験ニヤ有ケン、サキヨリモ宜キ
哥読レケリ、年来有テ死トシケル時、白河院ニ進タ
リケレハ、殊ニ悦ハセ給テ、御宝ノ中ニ加テ鳥羽ノ宝蔵
ニ納ラレニケリ、六条修理大夫顕季卿様々ニ度々申テ
申出テ信茂ヲ語テ書写シテ持レタリケリ、敦光
ニ讃作セテ、神祇伯顕仲ニ清書サセテ本尊トシテ
始テ影供セラレケル、時ニ聟達多ケレトモ、其道ノ
人ナレハトテ、俊頼朝臣ソ陪膳ハセラレケル、サテ年来
影供ヲ怠ラサリケリ、末ニ長実家保ナトヲヲキ/k143
テ、三男顕輔此道ニタヘタリケレハ、譲得タリケルヲ院
ニ進タリケル時、御感有ケルヲ、長実御前ニ候ケル
カ、ソネム心ヤ有ケム、人丸影其無益メツラシキ文ア
ラハ色彼一枚ニハヲトリタリトツフヤキタリケレハ、院ノ
御気色カハリテ悪カリケレハ立ケルヲ、召返シテ、汝
ハ争カ我前ニテカカル事ヲハ申ソ、源夢ヨリ起リ
テアタナル事ナレト、兼房サルモノニテ事外ニカケ
ル事ハ有シト思テ、我既ニ宝物ノ内ニ用テ、年来
ヘニタリ、汝カ父懇ニ是ヲ営テ久ク成ヌ、旁争カ
オコツクヘキ、返々不当ノコト也トテ、イミシクムツカ/k144
ラセ給ケレハ、ハウハウ出テ年中ハカリハ門サシテ音
タニセラレサリケリ、コレニ付テモ彼影ノ光ニ成ニケ
ルトナム、/k145
1)
藤原兼房
2)
柿本人麻呂
3)
藤原顕季
4)
藤原敦光
5)
源顕仲
6)
源俊頼
7)
藤原長実
8)
藤原家保
9)
藤原顕輔
10)
底本「色彼」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-02.txt · 最終更新: 2015/10/30 16:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa