Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の26 伶人助元府役懈怠のことによりて左近府の下倉に召し籠めらる・・・

校訂本文

伶人助元、府役懈怠のことによりて、左近府の下倉に召し籠めらる。「この下倉には、蛇蝎の住むなるものを」と、恐れをなすところに、夜中ばかりに、大蛇、案のごとく来れり。頭は祇園の獅子に似たり。眼は鋺(かなまり)のごとくにて、三尺ばかりなる舌さし出だして、大口を開きて、すでに呑まむとす。

助元、魂失せながら、わななくわななく、腰なる笛を抜き出で、還城楽の破を吹く。大蛇、来たりとどまりて、頸を高くもたげて、しばらく笛を聞く気色にて、返り去にけり。

翻刻

廿六伶人助元府伇懈怠ノ事ニヨリテ、左近府ノ下倉ニ
    召籠ラル、此下倉ニハ蛇蝎ノスムナルモノヲト恐ヲナス
    所ニ、夜中ハカリニ大蛇案ノ如ク来レリ、頭ハ祇薗ノ獅
    子ニ似タリ、眼ハカナマリノコトクニテ、三尺斗ナル舌サ
    シ出シテ、大口ヲアキテ既ニノマムトス、助元魂ウセナカ
    ラ、ワナナクワナナク腰ナル笛ヲヌキ出還城楽破ヲフク、大
    蛇キタリトトマリテ、頸ヲ高クモタケテ、暫笛ヲ聞ケ
    シキニテ返リ去ニケリ、/k65
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-26.txt · 最終更新: 2016/03/17 02:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa