Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の11 中納言顕基卿は後一条院ときめかし給ひて・・・

校訂本文

中納言顕基卿1)は後一条院ときめかし給ひて、若くより、官・位に付きて、うらみなかりけり。御門におくれ奉りにければ、「忠臣は二君に仕へず」とて、天台楞厳院にのぼりて頭(かしら)おろしてけり、御門、隠れ給へりける夜、火を灯さざりければ、「いかに」と尋ぬるに、「主殿司(とのもつかさ)、新王の御事をつとむ」とて、参らざるよし申しけるに、出家の心は強くなりにけり。

この人、若く2)より道心ありて、常のことぐさには、

  古墓何世人

  不知姓与名

  化為路傍土

  年々春草生

とぞ、口づけ給ひける。

のちには、上東門院3)より呼ばせ給ひけるには、かく申しける、

  世を捨てて家を出でにし身みなれどもなほ恋ひしきは昔なりけり

のちには、上醍醐に住みて、往生を遂げにけり。

同院、御位の時、この人、いまだ殿上人なりけるに、上東門院、国母にて、入内ありて、御覧じて、「故院、隠れさせ給ひて、いくほどの年もへだてぬに、百敷(ももしき)の内こそ、むげにおとろへ変りにけれ」と仰せられけるに、御門の御心の中、はづかしく思しめしたるに、顕基、殿上人の方にて、朗詠の一二句口ずさみたりけるを、院、聞こしめして、「これこそ、昔に変らぬ情けの残りたりけれ」と仰せられけるにぞ、御門も御力つく御心地して、うれしく思はせ給ひける。

この人、遁世ののち、大原に住みけるころ、宇治殿4)、かの庵室にむかひ訪(とぶら)はせ給ひて、終夜(よもすがら)御物語ありけり。宇治殿は「後世には必ず5)導かせ給へ」と示し給ひて、暁、帰り給ひなんとし給ひける時、「俊実6)は不覚の者に候ふ」と申されけり。

その時は何とも思はせ給はで、帰りてのち、案じ給ふに、「させるつひでもなきに、子息のこと、よも悪しざまには言はじ。見放つまじきよしを存じけるなりけり」と思ひ取りて、世を遁るといへども、恩愛、なほ捨てがたきことなれば、思の余りて言ひ出でられたりけり。あはれに思して、ことにふれて芳心いたされけり。

美濃大納言7)とはこの人のことなり。

翻刻

十四中納言顕基卿ハ後一条院トキメカシ給テ、ワカク
    ヨリ、官位ニ付テ恨ナカリケリ、御門ニヲクレ奉ニ
    ケレハ、忠臣ハ二君ニツカヘストテ、天台楞厳院ニ上
    テカシラヲロシテケリ、御門隠給ヘリケル夜、火ヲ
    トモササリケレハ、何ニト尋ルニトノモツカサ新王
    ノ御事ヲツトムトテ、不参ヨシ申ケルニ、出家ノ心
    ハツヨクナリニケリ、此人ワカリヨリ道心アリテ
    常ノコトクサニハ、
      古墓何世人 不知姓与名
      化為路傍土 年々春草生
    トソ口ツケ給ケル、後ニハ上東門院ヨリヨハセ給ケ/k46
    ルニハ、カク申ケル、
      ヨヲステテ家ヲイテニシミナレトモ、猶コヒシキハム
      カシナリケリ、
    後ニハ上醍醐ニ住テ、往生ヲ遂ニケリ、同院御位
    ノ時、此人イマタ殿上人ナリケルニ、上東門院国母ニテ
    入内有テ御覧シテ故院隠サセ給テ幾程ノ年
    モヘタテヌニ、モモシキノ内コソ、無下ニオトロヘカハ
    リニケレト仰ラレケルニ、帝ノ御心ノ中ハツカシク
    思食タルニ、顕基殿上人ノ方ニテ朗詠ノ一二句クチ
    スサミタリケルヲ、院聞食テ、コレコソ昔ニカハラヌ
    ナサケノ残リタリケレト仰ラレケルニソ、帝モ御/k47
    力ツク御心地シテ、ウレシク思ハセ給ケル、此人遁世ノ後
    大原ニ住ケルコロ、宇治殿彼庵室ニムカヒ訪ハセ給テ、
    終夜御物語アリケリ、宇治殿ハ後世ニハ国導セ
    給ヘト示給テ、暁帰給ナントシ給ケル時、俊実ハ不
    覚ノ者ニ候ト申サレケリ、其時ハナニトモ思ハセ給ハ
    テカヘリテ後案給ニ、サセル次モナキニ、子息ノ事
    ヨモアシサマニハイハシミハナツマシキ由ヲ存ケル
    ナリケリト思取テ、世ヲ遁トイヘトモ、恩愛ナヲ
    ステカタキ事ナレハ、思ノ余テ云出ラレタリケリ、哀
    ニオホシテ、事ニフレテ芳心イタサレケリ、美乃大
    納言トハ此ノ人ノ事也/k48
1)
源顕基
2)
「若く」は底本「わかり」。諸本により訂正。
3)
藤原彰子
4)
藤原頼通
5)
「必ず」は底本「国」。諸本により訂正。
6)
源俊実。但し、顕基の子ではない。
7)
源俊実
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-11.txt · 最終更新: 2016/01/05 15:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa