Recent changes RSS feed

十訓抄 第五 朋友を撰ぶべき事

5の1 河原左大臣の亡霊延長八年のころ寛平法皇の宮人に託し・・・

校訂本文

河原左大臣1)の亡霊、延長八年のころ、寛平法皇2)の宮人に託し、われ在世の時、殺生をこととするによて、苦報を受くる由、申されければ、法皇、勅答ありて、そのために七ヶ寺にして、諷誦を修されけり。

御願文、紀在昌ぞ作りける。

  朕昔為握符之尊。卿亦為和羹之佐。合体之儀、重於嚢時、滅罪之謀、須廻於今日。

翻刻

一河原左大臣亡霊延長八年之頃寛平法皇ノ
  宮人ニ託シ我在世ノ時殺生ヲ事トスルニヨテ、苦報
  ヲ受ル由申サレケレハ、法皇勅答アリテ其為ニ
  七ヶ寺ニシテ諷誦ヲ被修ケリ御願文紀在昌/k4
  ソ作ケル、
    朕昔為握符之尊、卿亦為和羹之佐、合体之
    儀重於嚢時、滅罪之謀須廻於今日、/k5
1)
源融
2)
宇多法皇
text/jikkinsho/s_jikkinsho05-01.txt · 最終更新: 2015/11/26 16:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa