Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の54 またもとより猛き人の家に生れぬる養由が芸を継ぎ・・・

校訂本文

また、もとより猛き人の家に生れぬる、養由が芸を継ぎ、李広が跡を伝ふるほか、なにごとをかは学び習はんと思へども、それしも文を兼ね、歌を好むたぐひ、いとといみじくこそ。

清原滋藤は、その身、征夷使軍監の武芸にいたりしかども、文のかた、たくみなりけり。ある時、詩の落句に作れり。

  一文一武倶迷道

  為我邯鄲歩漸窮

この人は、忠文民部卿1)、将軍の宣旨を蒙りて、将門追討のために、あづまへ下りける時、ともなへりけり。

駿河国清見関につきて、海のはたに宿りたりけるに、

  漁舟火影寒焼波

  駅路鈴声夜過山

といふ古き詩を詠じたりければ、をりふし心澄みて、将軍涙落しにけり。

この詩は、杜筍鶴が2)臨江駅に宿りて作りけり。旅宿の夜の思ひ、同じ心や通ひけんと、げに心すごし。

翻刻

      シテ、往生ノ素懐ヲトケ給ケルモ、其理不違コソ、又モ
      トヨリタケキ人ノ家ニ生レヌル養由カ芸ヲツキ李広
      カ跡ヲツタフル外、何事ヲカハマナヒナラハント思トモ、ソ/k91
      レシモ文ヲ兼哥ヲコノムタクヒ、イトトイミシクコソ、
五十八清原滋藤ハ其身征夷使軍監ノ武芸ニイタリシカ
      トモ、文ノ方タクミナリケリ、アル時詩ノ落句ニ作レリ、
        一文一武倶迷道、為我邯鄲歩漸窮
      此人ハ忠文民部卿、将軍ノ宣旨ヲ蒙テ、将門追討
      ノタメニ、アツマヘ下ケル時トモナヘリケリ、駿河国浄見
      関ニ付テ、海ノハタニ宿タリケルニ、
        漁舟火影寒焼波、駅路鈴声夜過山
      ト云古キ詩ヲ詠シタリケレハ、オリフシ心スミテ将軍涙
      落ニケリ、此詩ハ杜筍鶴ト臨江駅ニ宿テ作リケ/k92
      リ、旅宿ノ夜ノ思同心ヤカヨヒケント、ケニ心スコシ、/k93
1)
藤原忠文
2)
底本「杜筍鶴と」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-54.txt · 最終更新: 2016/04/05 17:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa