Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の序 ある人いはく人は慮りなく言ふまじきことを口疾く言ひ出だし・・・

校訂本文

第四 人の上を誡むべき事

ある人いはく、人は慮(おもんばか)りなく、言ふまじきことを口疾く言ひ出だし、人の短を謗り、したること1)を難じ、隠すことを顕(あらは)し、恥ぢがましきことをただす。これら、すべてあるまじきわざなり。

われは何となく言ひ散らして、思ひも入れざるほどに、言はるる人、思ひつめて、いきどほり深くなりぬれば、はからざるに、恥をも与へられ、身果つるほどの大事にも及ぶなり。笑みの中の剣は、さらでだにも恐るべきものぞかし。心得ぬことを悪しざまに難じつれば、かへりて身の不覚あらはるるものなり。

おほかた、口軽(かろ)きものになりたれば、「某(それがし)にそのことな聞かせそ。かの者にな見せそ」など言ひて、人に心をおかれ隔てらるる、くちをしかるべし。また、人のつつむことの、おのづから漏れ聞こえたるにつけても、「かれ離れじ」なと疑はれん、面目なかるべし。

されば、かたがた人の上をつつしむべし。多言、留むべきなり。

翻刻

  第四 可誡人上事/k138
或人云、人ハ思ンハカリナク云マシキ事ヲ口トク云出シ、人
ノ短ヲソシリタル事ヲ難シ、カクス事ヲ顕シ、恥カマシ
キ事ヲタタス、此等スヘテ有マシキワサ也、我ハ何トナ
ク云散シテ、思モ入サル程ニ、イハルル人思ツメテイキト
ヲリ深ク成ヌレハ、ハカラサルニ恥ヲモアタヘラレ、身ハツ
ル程ノ大事ニモ及フ也、エミノ中ノ釼ハ、サラテタニモ恐
ルヘキ物ソカシ、心エヌ事ヲアシサマニ難シツレハ、還
テ身ノ不覚アラハルル物也、大方口カロキモノニ成タ
レハ、某ニ其事ナ聞セソ、彼者ニナ見セソナト云テ、人
ニ心ヲヲカレ隔ラルル、口惜カルヘシ、又人ノツツム事ノヲ/k139
ノツカラモレ聞タルニ付テモ、カレ離レシナト疑ハレン面
目ナカルヘシ、然レハカタカタ人ノ上ヲツツシムヘシ、多言可
留也、/k140
1)
「したること」は底本「たること」。諸本により補入。
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-00.txt · 最終更新: 2015/10/27 03:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa