Recent changes RSS feed

十訓抄 第二 驕慢を離るべき事

2の5 文集一巻の凶宅の詩には驕りは物の満てるなり・・・

校訂本文

文集1)一巻の凶宅の詩には、「驕(おご)りは物の満てるなり。老は数の終りなり」ともいひ、同四巻、杏為梁には、「倹なるは存し、奢(おご)れるは失すること、今目に在り」とも書きたり。

しかのみならず、呉王夫差の姑蘇台・秦始皇帝の咸陽宮、おごりを極め、うるはしきを極めたる、怨(あた)のためにも亡(ほろぼ)されて、子孫伝ふることなかりき。

源順が、「河原院賦」書かるこそ、いとあはれに思ゆれ。

  強呉滅兮有荊棘 姑蘇臺之露瀼々

  暴秦衰兮無虎狼 咸陽宮之煙片々

中にも、唐太宗の御時、魏徴、徳政の三つの品(しな)を定め申しける詞(ことば)に、

焚鹿台之宝衣、毀阿房之広殿、懼危亡於峻宇、思安処於卑宮、則神化潜通、無為而治、徳於上也。

とありけるを、貞観政要に書かれぬるこそ、倹約の政(まつりごと)のあるべき様、いみじくめでたけれ。

これは帝道の一事に限らず、庶人の振舞ひに至るまで、この心を持てとなり。鹿台・阿房、殷紂・秦皇二世等の宮宝なり。

五千の上慢は、仏をだにも、何ともし奉らず。釈尊の法華を説き給ひし時、座を立ちて退けり。彼ら、罪根深重の増上慢にして、いまだ証せざるを証せりと思ひ、いまだ得ざるを得たりと思ふ。かくのごとく、失ある輩なり。くはしくは彼の経に説きたり。

不軽比丘は、会へる者ごとに、「我深敬汝等、不敢軽慢」と唱へて、杖木・瓦石をもよく忍び、罵詈放言をもとがめずして、つひにその証を得給ひぬれば、後世、菩提のためも、必ずおごれる心を離るべきなり。

翻刻

文集一巻ノ凶宅ノ詩ニハ、驕ハモノノ満ル也、老ハカスノ
ヲハリ也トモ云、同四巻杏為梁ニハ、倹ナルハ存シ奢レル
ハ失スルコト今在目トモ書タリ、加之呉王夫差ノ姑
蘇臺秦始皇帝ノ咸陽宮オコリヲキハメウルハシ
キヲ極メタル、怨ノタメニモ亡サレテ、子孫ツタフル事
ナカリキ源順カ河原院賦書ルコソ、イト哀ニ覚
ユレ、
  強呉滅兮有荊棘、姑蘇臺之露瀼々/k109
  暴秦衰兮無虎狼、咸陽宮之煙片々
中ニモ唐太宗ノ御時、魏徴徳政之三ノシナヲ定申
ケル詞ニ、
  焚鹿臺之宝衣、毀阿房之広殿、懼危亡於峻宇、
  思安処於卑宮、則神化潜通無為而治徳於上也
ト有ケルヲ、貞観政要ニ書レヌルコソ、倹約ノ政ノ有
ヘキ様イミシク目出ケレ、此ハ帝道ノ一事ニ限ラス、
庶人ノ振舞ニ至マテ、此心ヲ持テトナリ、鹿臺阿
房殷紂秦皇二世等ノ宮宝也、五千ノ上慢ハ仏ヲ
タニモナニトモシタテマツラス釈尊ノ法華ヲ説給/k110
シ時、座ヲ立テ退ケリ、彼等罪根深重ノ増上慢ニシ
テイマタ証セサルヲ証セリト思、未得ヲ得ト思、如
此失アル輩也、委ハ彼経ニ説タリ、不軽比丘ハアヘルモノ
毎ニ我深敬汝等不敢軽慢ト唱テ、杖木瓦石ヲモ
ヨク忍ヒ罵罵放言ヲモトカメスシテ、終ニ其証ヲ得給
ヒヌレハ、後世菩提ノタメモ必オコレル心ヲハナルヘキナ
リ、/k111
1)
『白氏文集』を指す。
text/jikkinsho/s_jikkinsho02-05.txt · 最終更新: 2015/10/10 23:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa