Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の23 妙音院大臣殿尾張国におはしましける時夜々熱田宮に・・・

校訂本文

妙音院大臣殿1)、尾張国におはしましける時、夜々、熱田宮に参り給ひけるが、七日満ちける夜、月のくまなかりけるに、琵琶を弾きすまして、「願はくは、今生世俗文字の業」といふ朗詠をし給ひたりければ、宝殿おびただしくゆるぎけり。

世の末なれども、道の極まりぬれば、いとめでたきことなり。

翻刻

廿弐妙音院大臣殿尾張国ニオハシマシケル時、夜々熱田宮
    ニ参給ケルカ、七日満ケル夜、月ノクマナカリケルニ、琵琶/k61
    ヲ引スマシテ、願ハ今生世俗文字業ト云朗詠ヲシ給
    タリケレハ、宝殿オヒタタシクユルキケリ、世ノ末ナレトモ
    道ノ極ヌレハイト目出キ事也、/k62
1)
藤原師長
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-23.txt · 最終更新: 2016/03/16 23:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa