Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の3 高陽院の姫君と申すは鳥羽院の御娘美福門院の御腹なり・・・

校訂本文

高陽院1)の姫君2)と申すは、鳥羽院3)の御娘、美福門院4)の御腹なり。この宮の御とり子にて、その御先を頼み給ひけるに、はかなく隠れさせ給ひける。宮の内の御歎きは、たとへんかたなかりけり。

御わざの夜、人々、参り集りたりけるに、御簾の内に、いあささかも人の泣く気色、聞こえざりけり。隆季大納言5)、いまだ殿上人の時、参られたりけるが、ことに感じ申して、「いみじきことかな」と言はれけり。

ものを歎くも、悦ぶも、気色にもてあまるは、けしからぬよりあるわざなり。高陽院の御さまは、あまりに男遠くて、男女ならび居たる絵描ける扇をば、捨てられなど、かへりて世つかぬさまにあざけれども、深く昔びたらむかたは、いみじきためしと申すべし。

翻刻

三高陽院ノ姫君ト申ハ、鳥羽院ノ御ムスメ美福門院ノ
  御腹也、此宮ノ御トリコニテ其ノ御先ヲタノミ給ケルニハカ
  ナク隠レサセ給ケル宮ノ内ノ御歎ハ喩ヘン方ナカリ
  ケリ、御ワサノ夜人々参集タリケルニ、御簾ノ内ニ聊モ
  人ノナクケシキ聞ヱサリケリ、隆秀大納言イマタ殿/k7
  上人ノ時、参ラレタリケルカ、殊ニ感申テ、イミシキ事
  カナト云レケリ、物ヲ歎モ悦モ気色ニモテアマルハ、ケ
  シカラヌヨリアルワサ也、高陽院ノ御様ハ、アマリニ男
  トヲクテ、男女ナラヒヰタル絵カケル扇ヲハステラレ
  ナト、カヘリテヨツカヌサマニアサケレトモ、フカク昔ヒ
  タラム方ハ、イミシキタメシト申ヘシ、/k8
1)
藤原泰子
2)
叡子内親王
3)
鳥羽天皇
4)
藤原得子
5)
藤原隆季。底本「隆秀」と誤るのを訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-03.txt · 最終更新: 2016/02/20 15:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa