Recent changes RSS feed

十訓抄

校訂本文

そもそも、難波の言の葉の、よしあしにつけつつ、昔今の物語を集め見るに、その身はさながら苔の下に朽ちにければ、わづかに埋(うづ)もれぬ名ばかりを、しるしとどむるあはれさに、なきは数そふ世のありさま、思ひつづけられて、「いつか身の上に」とのみ心細し。

夢なり。幻なり。古人去りて帰らず。有とやせん、無とやせん。旧友かくれて、残り少なし。

かの『文選』といふ文に、「冉々1)として行き暮れぬ。水、滔々として、日々にわたる」とあるこそ、まことに理(ことわり)なれ。常(つね)なく移りゆく世の中を聞き見るに、たきついはせの河浪の、すみやかに流れ行きて、とまらざるにことならず。

かかれば、歌にも、「流れて早き月日なりけり」とも詠み、詩にはまた、「水は返る夕(ゆふべ)なし、流年の涙」とも作り、法文には、「人命不停過於山水」ともあるやらん。

しづのをだまきくりかへし、昔を今になしがたき習ひにて、わが世も、人の世も、ただあだなる仮の宿(やど)なれば、かかる筆のすさみまで、いつか「昔の跡」と言はれんと、あはれにあぢきなく思えてなん。

翻刻

抑ナニハノコトノハノヨシアシニツケツツ、昔今ノ物語ヲ
集メ見ニ、其身ハサナカラ苔ノ下ニ朽ニケレハ、僅ニウツ
モレヌ名ハカリヲシルシトトムルアハレサニ、ナキハカスソ
フ世ノ有サマ、思ツツケラレテ、イツカミノ上ニトノミ心
ホソシ、夢也幻也、古人去テ不帰、有トヤセン無トヤ
セン、旧友カクレテ残スクナシ、彼文選ト云文ニ前々ト
シテ行クレヌ、水滔々トシテ日々ニワタルトアルコソ、実
ニ理ナレ、ツネナクウツリユク世中ヲキキ見ニ、タキツ
イハセノ河浪ノ、速ニ流行テトマラサルニコトナラスカ/k143
カレハ哥ニモ、流テハヤキ月日ナリケリトモヨミ、詩ニハ
又水ハ返夕ナシ流年ノ涙トモ作リ、法文ニハ人ノ命不
停過於山水トモ有ヤラン、シツノヲタマキクリカヘシ、昔ヲ
今ニナシカタキ習ニテ、我世モ人ノ世モ、タタアタナルカリ
ノヤトナレハ、カカル筆ノスサミマテ、イツカ昔ノアトトイハレン
ト、哀ニアチキナク覚テナン、/k144
1)
底本「前々」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho11-00.txt · 最終更新: 2016/04/27 21:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa