Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の24 およそ攘災はかりごと信力には過ぐべからず・・・

校訂本文

およそ、攘災、はかりごと、信力には過ぐべからず。千万の兵、大刀・鋒を捧げたりとも、そのせんなかるべし。

近くは、平家の侍に、難波三郎経房といふ者、福原より京へ上りける道にて、神に蹴られたりけるには、安芸前司能盛・越中前司盛俊1)、同じくうちつれたりけれども、二人はことなかりけり。盛俊は馬ばかりを損じたりける。

経房、もとより仏神の行方も知らざりけり。太刀ぬきて、肩にかかげたりけりけり。けれども、しいだしたりけることもなかりけり。

翻刻

凡攘災ハカリコト信力ニハスクヘカラス、千万ノ兵大
刀鋒ヲ捧タリトモ其詮ナカルヘシ、
近ハ平家ノ侍ニ難波三郎経房ト云者福原ヨリ
京ヘ上リケル道ニテ、神ニケラレタリケルニハ安芸
前司能盛越中前司盛俊同打ツレタリケレトモ、二
人ハ事ナカリケリ、盛俊ハ馬斗ヲ損タリケル、経房
モトヨリ仏神ノ行方モ不知ケリ、太刀ヌキテ肩ニカ
カケタリケリケリケレトモ、シ出タリケル事モナカリケ
リ、/k79
1)
平盛俊
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-24.txt · 最終更新: 2016/01/14 22:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa