Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の32 ある文にいはく趙柔といふ人路にあふて人の残せるところの金珠・・・

校訂本文

ある文にいはく、

趙柔といふ人、路にあふて、人の残せるところの金珠、一つらぬきを得たり。その値(あたひ)、多くのきぬにあたれりといへども、主を呼びて、返し取らせたりければ、人、これを聞きて、大に敬ひけり。

またいはく、

漢の楊震、東莱の太守として、昌邑といふところを過ぎけるに、その所の司(つかさ)、古意あるによりて、金を忍びやかに震に与ふ。震がいはく、「天も知り、地も知れり。我も知り、人も知る1)」と言ひて、つひに受けず。「四知を恥づ」とはこれなり。おろかなるたぐひは、人の見るばかりを憚りて、天のかがみ給ふことを恥ぢぬなり。はかなく、うたてき心なり。

「菊散一叢金2)」といふ題にて、紀納言3)、作れる、

  廉士路辺疑不拾

  道家煙裏誤応焼

釈尊、昔、阿難をともなひて、おはしましけるに、人、金を落せりけり。阿難、これを見て、「毒蛇」とのたまふ。仏、また、「大毒蛇」と仰せられて、過ぎさせ給ひにけり。

そのあとに行く人、この金を取れりけるゆゑに、公より責めを蒙りて、おほきに煩ひけり。

「楊震が四知を恥づる」、この意にや。

翻刻

之公任是非ヲ於春叢トカカレタルハ此事歟、或文云、
趙柔ト云人路ニアフテ人ノノコセルトコロノ金珠一ツラ
ヌキヲエタリ、其値ヒ多ノキヌニアタレリト云ヘトモ、
主ヲヨヒテ返シ取セタリケレハ、人是ヲキキテ大ニウ
ヤマヒケリ、又云、漢ノ楊震東莱ノ大守トシテ昌邑
ト云所ヲスキケルニ、其所ノツカサ古意アルニヨリテ、金
ヲシノヒヤカニ震ニアタフ、震カ云、天モ知地モ知レリ
我モ知ルト云テ、ツヰニウケス、四知ヲ恥トハ是也、ヲロカ/k92
ナル類ハ、人ノミルハカリヲ憚テ、天ノカカミ給事ヲ恥
ヌ也、ハカナクウタテキ心也、菊散聚金ト云題ニテ、紀
納言作レル
  廉士路辺疑不拾 道家煙裏誤応焼
釈尊昔阿難ヲトモナヒテオハシマシケルニ、人金ヲ
オトセリケリ、阿難是ヲミテ毒蛇トノ給フ、仏又
大毒蛇ト仰ラレテ過サセ給ニケリ、其跡ニ行人此
金ヲトレリケル故ニ、公ヨリ責ヲ蒙テ大ニ煩ケリ、
楊震カ四知ヲ恥ル此意ニヤ、/k93
1)
底本「我も知」の下、「り人も知る」なし。諸本により補う。
2)
底本、「菊散聚金」。諸本により訂正。
3)
紀長谷雄
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-32.txt · 最終更新: 2016/01/25 21:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa