Recent changes RSS feed

十訓抄 第九 懇望を停むべき事

9の6 橘正通が身の沈めることを恨みて異国へ思ひ立ちける折節・・・

校訂本文

橘正通が身の沈めることを恨みて、異国へ思ひ立ちける折節、具平親王家の作文の序者たりけるに、「これをかぎり」とや思ひけん、

  齢亜顔駟 過三代而猶沈

  恨同伯鸞 歌五噫而将去

とぞ書ける。

源為憲、その座に候ひけるが、この句をあやしみて、「正通、思ふ心ありて、つかまつれり」と申しければ、さすが心細くや思ひけん、涙を流しけり。さて、まかり出づるままに、高麗へぞ行きける。

世を思ひ切らんには、かくこそ心清からめと、いみじくあはれなり。「かしこにて、宰相になされにけり」と、後に聞こえけり。

翻刻

九橘正通カ身ノ沈メル事ヲ恨ミテ、異国ヘ思立ケル折
  節、具平親王家ノ作文ノ序者タリケルニ、是ヲカキ
  リトヤ思ケン、
    齢亜顔駟過三代而猶沈
    恨同伯鸞哥五噫而将去/k29
  トソカケル、源為憲其座ニ候ケルカ、此句ヲアヤシミテ、正
  通思心有テ仕ツレリト申ケレハ、サスカ心細クヤ思ケン
  涙ヲ流シケリ、サテ罷出ルママニ、高麗ヘソ行ケル、世ヲ思
  切ランニハ、カクコソ心キヨカラメト、イミシク哀也、彼コニテ
  宰相ニナサレニケリト後ニキコエケリ、/k30
text/jikkinsho/s_jikkinsho09-06.txt · 最終更新: 2016/03/04 17:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa