Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の20 斉名以言を試みられける時秋未出詩境といふことを作らるるに・・・

校訂本文

斉名1)、大隅守大江仲宣子2)以言3)を試みられける時、「秋未出詩境」といふことを作らるるに、以言、

  文峯案轡駒過景

  詞海艤船葉落声4)

と作りたりけるを、ひそかに後中書王5)に見せ奉るところに、「白字、大切なり」と仰せらるるにつけて、「白駒景」、「紅葉声」と直して、秀句に定め、そののち、斉名、病重かりける時、御子訪ね給ひたりければ、「恩問の旨、恐悚千廻。ただし、白字の事忘却せず」とぞ申しける。

文時卿、「菊是草中仙」といふ題をたまはりて、作り得ざりければ、衣を引かづきて寝たりけるに、保胤6)来たりて、「今度、いかん」と言ひければ、「力及ばず。不得の度(たび)なれば」と答へけるに、かの草案を見ければ、

  蘭蕙苑嵐摧紫後7)

  蓬莱洞月照霜中

といふ詩あり。「これすでにに秀句なり。いかに歎き給ふべき」と言ふあひだ、三品、この詩を出だすところに、世もつて秀逸とす。

自作のこと、いみじき人もはからひ得ぬなり。かやうのこと、もっとも思慮すべきか。

翻刻

廿二大隅守大江仲宣子以言ヲ試ラレケル時、秋未出詩境
    ト云事ヲ作ラルルニ、以言文峯ニ案ス轡ヲ駒過景詞
    海ニ船艤葉落声ト作タリケルヲ、ヒソカニ後中書王ニ
    見奉ルトコロニ、白字大切也ト被仰ニ付テ、白駒景紅葉
    声ト直シテ秀句ニ定メ、其後斉名病重カリケル時、
    御子訪給タリケレハ、恩問ノ旨恐悚千廻、但白字事
    不忘却トソ申ケル、
廿三文時卿菊是草中仙ト云題ヲ給テ、作エサリケレハ、衣
    ヲ引カツキテネタリケルニ、保胤来テ今度如何ト云
    ケレハ、不及力不得ノタヒナレハト答ケルニ彼草案ヲ/k141
    見ケレハ、
      蘭蕙薨嵐槯紫後、 蓬莱洞月照霜中、
    ト云詩アリ、是已ニ秀句也、何ニ歎給ヘキト云間、三
    品此詩ヲ出ス所ニ、世以為秀逸、自作ノ事イミシ
    キ人モ斗ヒエヌナリ、カヤウノ事尤可思慮歟、/k142
1)
紀斉名。底本なし。諸本によって補う。
2)
大江以言は仲宣の子。傍注の竄入とみられる。
3)
大江以言
4)
「艤船」、底本を含め諸本「船艤」。『和漢朗詠集』により訂正。
5)
具平親王
6)
慶滋保胤
7)
底本「蘭蕙薨嵐槯紫後」。『和漢朗詠集』により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-20.txt · 最終更新: 2016/02/10 02:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa