Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の1 大納言行成卿いまだ殿上人にておはしける時実方中将・・・

校訂本文

大納言行成卿1)、いまだ殿上人にておはしける時、実方中将2)、いかなるいきどほりかありけん、殿上に参り会ひて、いふこともなく、行成の冠を打ち落して、小庭に投げ捨ててけり。

行成、少しも騒がずして、主殿司(とのもりづかさ)を召して、「冠取りて参れ」とて、冠して、守刀(まぼりかたな)より、笄(かうがい)抜き出だして、鬢(びん)かいつくろひて、居直りて、「いかなることにて候ふやらん。たちまちに、かうほどの乱罸にあづかるべきことこそ思え侍らね。そのゆゑを承はりて、のちのことにや侍るべからん」と、ことうるはしく言はれけり。実方はしらけて逃げにけり。

折りしも、小蔀3)より、主上4)御覧じて、「行成はいみじき者なり。かくおとなしき心あらんとこそ、思はざりしか」とて、そのたび蔵人頭あきけるに、多くの人を越えて、なされにけり。

実方をば、中将を召して「歌枕見て参れ」とて、陸奥守になして流しつかはされける。やがて、かしこにて失せにけり。

実方、蔵人頭にならでやみにけるを恨みて、執とまりて、雀になりて、殿上の小台盤に5)居て、台盤を食ひけるよし、人いひけり。

一人は、忍に耐へざるによりて前途を失ひ、一人は、忍を信ずるによりて褒美にあへると、たとひなり。

翻刻

一大納言行成卿イマタ殿上人ニテオハシケル時実方中将
  イカナルイキトホリカアリケン、殿上ニ参会テ云事モ
  ナク行成ノ冠ヲ打落テ小庭ニナケステテケリ、行成少
  シモサハカスシテ、トノモリツカサヲメシテ、冠トリテ参トテ
  冠シテ、マホリカタナヨリ、カウカイヌキ出テ、ヒンカイツ
  クロヒテヰナヲリテ、イカナル事ニテ候ヤラン、忽ニカウホ
  トノ乱罸ニ預ルヘキ事コソオホエ侍ラネ、其故ヲウケ/k4
  給ハリテ後ノ事ニヤ侍ルヘカラント、コトウルハシクイハレ
  ケリ、実方ハシラケテニケニケリ、オリシモマシトヨリ主上
  御覧シテ、行成ハイミシキモノ也、カクオトナシキ心有ラン
  トコソ思ハサリシカトテ、ソノタヒ蔵人頭アキケルニ、多ノ
  人ヲ越テナサレニケリ、実方ヲハ中将ヲメシテ哥枕
  見テ参トテ、陸奥守ニナシテ流遣ハサレケル、ヤカテ彼
  コニテ失ニケリ、実方蔵人頭ニナラテヤミニケルヲ恨ミ
  テ、執トマリテ雀ニ成テ、殿上ノ小台盤テヰテ台盤
  ヲクヒケルヨシ人云ケリ、一人ハ忍ニタヘサルニヨリテ
  前途ヲ失ヒ、一人ハ忍ヲ信スルニヨリテ褒美ニアヘ/k5
  ルトタトヒナリ、/k6
1)
藤原行成
2)
藤原実方
3)
底本「ましと(マシト)」。『古事談』「小蔀」にしたがう。
4)
一条天皇
5)
底本「小台盤て」。諸本により訂正
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-01.txt · 最終更新: 2016/02/20 13:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa