Recent changes RSS feed

十訓抄 第三 人倫を侮らざる事

3の5 ある所に女房あまた居て箏弾くに琴柱の走りて失せたるを・・・

校訂本文

ある所に、女房あまた居て、箏弾くに、琴柱(ことぢ)の走りて失せたるを、さるべき男もなければ、宿直人の見ゆるを呼びて、「かの前栽の中に、楓(かへで)の木、二股に、これほど、しかじか、切りて来(こ)」と細かに教へてやりつ。

「はかばかしきことあらじ」と言ふほどに、切りて持て来にけり。簾のもとによりて、「このかり琴柱1)、参らせ候はん」と言ひ出でたるに、思はずにあさましくて、「細々と教へつる、いかにをこがましく思ひつらむ」と、恥ぢあへりけり。

翻刻

或所ニ女房アマタヰテ箏ヒクニ、コトチノハシリテ失
タルヲ、サルヘキ男モナケレハ、トノヰ人ノミユルヲヨヒテ、彼
前栽ノ中ニカヘテノ木二俣ニ是程シカシカキリテコト/k117
細ニ教テ遣リツ、ハカハカシキ事アラジト云程ニ、切テモ
テキニケリ、簾ノモトニヨリテ、此カリコトチ参セ候ハン
ト云出タルニ、思ハスニ浅マシクテ、コマコマトオシヘツル、イカ
ニオコカマシク思ツラムト、恥アヘリケリ、/k118
1)
雁琴柱・仮琴柱
text/jikkinsho/s_jikkinsho03-05.txt · 最終更新: 2015/10/16 00:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa