Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の38 堀河院の御時勘解由次官明宗とていみじき笛吹きありけり・・・

校訂本文

堀河院の御時、勘解由次官明宗とて、いみじき笛吹きありけり。ゆゆしき心おくれの人なり。

院、「笛聞こしめされむ」とて、召したりける時、御門の御前と思ふに、臆して、わななきて、え吹かさざけり。

「本意なし」とて、相ひ知れりける女房に仰せられて、「私に坪(つぼ)のほとりに呼びて吹かせよ。われ立ち聞かん」と仰せありければ、月の夜、かたらひ契りて吹かせけり。女房の聞くと思ふに、はばかる方なくて、思ふさまに吹きける。世にたぐひなく、めでたかりけり。

御門、感に堪へさせ給はず、「日ごろ、上手とは聞こしめしつれども、かくほどまでは思しめさず。いとどこそめでたけれ」と仰せ出だされたるに、「さは、御門の聞こしめしけるよ」と、たちまちに臆して騒ぎけるほどに、縁より落ちにけり。「安楽塩」といふ異名を付きにけり。

昔、秦舞陽が始皇帝を瞻(み)奉りて、色変じ身振ひたりけるは、逆心を包みえざりけるゆゑなり。明宗1)、何によりて、さしもあはてけると、をかし。

天徳の歌合に、博雅三位2)、講師つとむるに、ある歌を読み誤りて、色変じ声ふるひけるよし、かの時の記に見えたり。

かやうのこと、上古のよき人も力及ばぬことなり。

翻刻

堀河院御時勘解由次官明宗トテイミシキ笛吹有
ケリ、ユユシキ心ヲクレノ人也院笛聞シメサレムトテ
召タリケル時、御門ノ御前ト思ニ臆シテ、ワナナキテ/k72
エ吹サリケリ、本意ナシトテ相知レリケル女房ニ仰
レテ、私ニツホノ辺ニヨヒテ吹セヨ、ワレ立キカント仰有
ケレハ月ノ夜カタラヒ契テフカセケリ、女房ノ聞ト
思ニハハカル方ナクテ思サマニ吹ケル、世ニタクヒナク目
出カリケリ、御門感ニ堪サセタマハス、日来上手トハ
聞召ツレトモ、カクホトマテハ思食ス、イトトコソ目出ケ
レト仰出サレタルニ、サハ御門ノ聞召ケルヨト忽ニ臆シ
テサハキケル程ニ、縁ヨリ落ニケリ、安楽塩ト云異
名ヲ付ニケリ、昔秦舞陽カ始皇帝ヲ瞻奉リテ
色変シ身振ヒタリケルハ、逆心ヲツツミエサリケル/k73
故也顕宗何ニヨリテサシモアハテケルトオカシ、
天徳ノ哥合ニ博雅三位講師ツトムルニ或哥ヲ読
アヤマリテ、色変シ声振ヒケル由彼時ノ記ニ見タ
リ、加様ノ事上古ノヨキ人モ力及ハヌ事也、/k74
1)
底本「顕宗」
2)
源博雅
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-38.txt · 最終更新: 2015/09/24 14:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa