Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の9 近くは建保のころ菅長貞宇佐の勅使として・・・

校訂本文

近くは建保のころ、菅長貞1)、宇佐の勅使として下向の時、安楽寺に詣でて、作文の2)筵をのべける。自序を書きたりける。

  青雲入手 遥持使節於百万里之西

  玄風染心 泣拝祖廟於十一代之後

この句を詠吟のあひだ、文人につらなれる祠官ら、涙3)を落しけり。

神もさだめて御納受ありけんかし。

翻刻

近ハ建保ノ比、菅長貞宇佐之勅使トシテ下向ノ時、安
楽寺ニ詣テ作文人筵ヲノヘケル、自序ヲ書タリケル、/k44
  青雲入手遥持使節於百万里之西
  玄風染心泣拝祖廟於十一代之後
此句ヲ詠吟ノ間、文人ニツラナレル祠官等浅ヲ落シケリ、
神モ定テ御納受有ケンカシ、/k45
1)
菅原長貞
2)
「作文の」は底本「作文人」。諸本により訂正。
3)
「涙」は底本「浅」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-09.txt · 最終更新: 2016/03/08 16:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa