Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の31 また憂悦ともに深くせざるためし一証これあり・・・

校訂本文

また、憂悦、ともに深くせざるためし、一証これあり。

昔、唐土(もろこし)に北叟といふ翁あり。賢く強き馬を持ちたり。これを人にも貸し、われも使ひつつ、世を渡るたよりにしけるほどに、この馬、いかがしたりけむ、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、「いかばかり歎くらむ」とて、訪(とぶら)ひければ、「悔いず」とばかり言ひて、つゆも歎かざりけり。

「あやし」と思ふほどに、この馬、同じさまなる馬を多く具して来にけり。いとありがたきことなれば、親しき疎(うと)き、喜びを言ふ。

かかれども、また「悦ばず1)」と言ひて、これをも驚く気色なくて、この馬、あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、翁が子、今出で来たる馬に乗りて、落ちて、右肘をつき折りにけり。聞く人、目を驚かして問ふにも、なほ、「悔いず」と言ひて、気色も替へず、つれなく、同じさまにいらへて過ぎけるに、そのころ、にはかに国に軍(いくさ)おこりて、兵を集められけるに、国中さもあるもの残りなく出でて、みな死ぬ。この翁の子、かたはになるによて、もれにければ、片手は折れたれども、命はまたありけり。

これ、賢きためしに申し伝へたり。今もよき人は、ことごと動きなく、心軽からぬは、この翁が心にかよへるなとぞ見ゆる。

内外典に教ふるところ、みな2)人の心をもつべきやうなり。昔より、良き名をも立て、悪しきためしにもいはるる、ただ心ひとつのいたすところなり。

かの新豊の老人が、雲南の軍を逃れたりけるは、みづから肘をうち折りけるゆゑなり。これは自然のことなり。いと、ありがたかりしことなり。

前中書王3)の「菟裘賦」、

  喪馬之4)老、委倚伏於秋草

  夢蝶之公、任是非於春叢

と書かれたるは、このことか。

翻刻

      是物ヲウラヤムマシキ心ニヤ、又憂悦トモニフカクセ
      サルタメシ一証是アリ、
三十三昔モロコシニ北叟ト云翁アリ、賢クツヨキ馬ヲモチ
      タリ、是ヲ人ニモ借我モツカヒツツ世ヲワタルタヨ
      リニシケルホトニ、此馬イカカシタリケム、イツチトモ
      ナク失ニケリ、聞ワタル人イカハカリ歎クラムトテ
      訪ヒケレハ、不悔トハカリ云テツユモ歎カサリケリ、
      アヤシト思フホトニ此馬同サマナル馬ヲ多クシテ
      キニケリ、イトアリカタキ事ナレハ、シタシキウトキ喜ヲ
      云、カカレトモ又悦ト云テ是ヲモオトロクケシキナクテ/k90
      此馬アマタヲ飼テサマサマニツカフ間ニ、翁カ子今出
      来ル馬ニ乗テ、オチテ右肘ヲツキオリニケリ、聞人目
      ヲオトロカシテ問ニモナヲ不悔ト云テ、気色モ不替ツ
      レナク同サマニイラヘテスキケルニ、其比俄国ニ軍ヲ
      コリテ兵ヲ集メラレケルニ、国中サモアルモノ残ナ
      ク出テ皆死ヌ、此翁ノ子カタハニナルニヨテモレニケレハ、
      片手ハヲレタレトモ命ハマタアリケリ、是賢キタメシ
      ニ申伝タリ、今モヨキ人ハ毎事ウコキナク、心カルカラ
      ヌハ、此翁カ心ニカヨヘルナトソミユル内外典ニヲシフルトコ
      ロ三十人ノ心ヲモツヘキ様也、昔ヨリヨキ名ヲモタテ、ア
      シキタメシニモイハルル、只心ヒトツノ至ストコロ也、彼新/k91
      豊ノ老人カ雲南ノ軍ヲノカレタリケルハ、自臂ヲウチ
      折ケル故也此ハ自然事也、イト有カタカリシ事也、前
      中書王ノ菟裘賦、喪馬老委倚伏於秋草、夢蝶
      之公任是非ヲ於春叢トカカレタルハ此事歟、或文云、/k92
1)
底本「悦」。不の脱落とみて訂正。
2)
底本「三十」で「ミナ」を誤写。諸本により訂正。
3)
兼明親王
4)
底本「之」なし。諸本及び本朝文粋により補う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-31.txt · 最終更新: 2016/01/25 19:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa