Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の68 行成道風が跡を継ぎてめでたき能書なりけり・・・

校訂本文

行成1)、道風2)が跡を継ぎて、めでたき能書なりけり。いまだ殿上人のころ、殿上にて扇合といふことありけるに、人々、珠玉を飾り、金銀を磨きて、「われ劣らじ」といとなみあへりけり。

かの卿は、黒く塗りたる細骨(ほそほね)のたけ高きに、黄なる紙貼りて、楽府の要文を、真草うちまぜて、ところどころ書きて出だされたりけるを、召して御覧じて、「これこそ、いづれにもすぐれたれ」とて、御文机に置かれける。

かの卿の孫に、帥中納言伊房3)とておはしけるにも、いみじき手書きなりけり。春日大明神の示現によりて、すずろに、「御経蔵」といふ額を一枚書きて置き給ひたりけれども、ただ今打つべき経蔵もなければ、「あるやうあらむ」とて、置きたりけるほどに、帥も失せ給ひて後、はるかに4)年経てのち、思ひのほかに、公家よりこの社に一切経を安置し参らせられける時、「誰か額をば書くべき」と沙汰ありけるに、この帥の子孫の中より、「かかることありて、かの帥、書き置ける額あり」とて、えり出だされたりけるを、打たれたるに、神慮にかなひ給ふまでありけること、やんごとなく思ゆる。

昔、佐理卿5)、大弐の任果てて、上られける道にて、伊予国三嶋明神の託宣ありて、かの社の額を書かれたりけるも、めでたかりけり。

翻刻

七十行成道風カ跡ヲ継テ、目出キ能書ナリケリ、イマタ殿
    上人ノ頃、殿上ニテ扇合ト云事アリケルニ、人々珠玉ヲカ
    サリ金銀ヲミカキテ、我ヲトラシトイトナミアヘリケリ、
    彼卿ハ黒クヌリタルホソホネノタケタカキニ、黄ナル紙
    ハリテ、楽府ノ要文ヲ真草ウチマセテ、所々書テ出サ
    レタリケルヲ、召テ御覧シテ、是コソイツレニモ勝レタレ
    トテ、御文机ニ被置ケル、彼卿ノ孫ニ帥中納言伊房ト
    テオハシケルニモ、イミシキ手書ナリケリ、春日大明神
    ノ示現ニヨリテ、ススロニ御経蔵ト云額ヲ一枚書テ/k114
    ヲキ給タリケレトモ、只今ウツヘキ経蔵モナケレハ、ア
    ル様アラムトテヲキタリケルホトニ、帥モウセ給テ後、遥
    遥年経テ後、思ノ外ニ公家ヨリ此ノ社ニ一切経ヲ安置
    シマヒラセラレケル時、誰カ額ヲハ書ヘキト沙汰有ケ
    ルニ、此帥ノ子孫ノ中ヨリ、カカル事有テ彼帥カキヲケ
    ル額有トテエリ出サレタリケルヲウタレタルニ、神慮ニ
    叶給マテ有ケル事ヤンコトナク覚ル、昔佐理卿大弐任
    ハテテノホラレケル道ニテ、伊与国三嶋明神ノ託宣ア
    リテ、彼社ノ額ヲカカレタリケルモ、目出タカリケリ、/k115
1)
藤原行成
2)
小野道風
3)
藤原伊房
4)
底本「遥遥」。「遥ニ」の誤りとみて訂正。
5)
藤原佐理
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-68.txt · 最終更新: 2016/04/17 19:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa