Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の42 大二条殿大将にておはしける時内へ参らせ給ひたりけるを・・・

校訂本文

大二条殿1)、大将にておはしける時、内へ参らせ給ひたりけるを、ある女房招き、消息(せうそこ)申されけり。

近利2)、参りて、「女房、申せと候ふ」と言ふ声を、聞かせ給ひて、見返らせ給ひたりけるに、「急ぎ参らせ給ふに、無心なり」と思ひて、「忘て候ふ」と申しける。時の人、心ありて、いみじきことに申しける。

このことを、白河院御随身武忠3)聞て、「あはれ、このごろの御随身ならば、つぶつぶ読み聞かせ参らせなん」とぞ言ひける。

さやうに忙しげならむ時には、人に歌読みかくまじきなり。

翻刻

大二条殿大将ニテオハシケル時、内ヘ参セ給タリケ/k78
ルヲ或女房マネキセウソコ申サレケリ、近利参テ
女房申セト候ト云声ヲ聞セ給テ、見カヘラセ給タリ
ケルニ、急キ参セ給ニ無心ナリト思テ忘テ候ト申
ケル時ノ人心有テイミシキ事ニ申ケル此事ヲ白
河院御随身武忠聞テアハレコノコロノ御随身ナラハ
ツフツフヨミ聞セマイラセナントソ云ケル、サヤウニイソ
カシケナラム時ニハ人ニ哥ヨミカクマシキナリ、/k79
1)
藤原教通
2)
秦近利。藤原教通の随身
3)
下毛野武忠
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-42.txt · 最終更新: 2015/09/25 15:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa