Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の53 江匡房記いはく和歌の道にとりて往年六人の党あり・・・

校訂本文

江匡房記1)いはく、

和歌の道にとりて往年六人の党あり。いはゆる、範永2)・棟仲3)・頼実4)・兼長5)・経衡6)・頼家7)らなり。年を経てのち、この輩(ともがら)逝去して、頼家一人残りたりけるに、為仲8)といふ者、奥州より歌を頼家に送る。その意、君と我、なまじひに残るよしを詠めり。

頼家、怒りていはく、「為仲、当初のこの六人に入らず。君を我と生き残るよし、安からぬことなり」とて、返歌に及ばざりけり。

翻刻

江匡房記云和哥道ニ取テ往年六人ノ党アリ、所
謂範永棟仲頼実兼長経衡頼家等也、年ヲヘテノ
チ此輩逝去シテ頼家一人残タリケルニ、為仲ト云
者奥州ヨリ哥ヲ頼家ニヲクル其意君ト我ナマシ
ヰニ残ルヨシヲ読リ、頼家怒リテ云ク、為仲当初之
此六人ニ入ス君ト我ト生残ル由安カラヌ事也トテ、返/k95
哥ニ及ハサリケリ、/k96
1)
大江匡房の日記。『江記』ともいう。散逸。
2)
藤原範永
3)
平棟仲
4)
源頼実
5)
源兼長
6)
藤原経衡
7)
源頼家
8)
橘為仲
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-53.txt · 最終更新: 2015/10/06 14:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa