Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の7 世の中に世心地おこりてのがるる人少なかりけるころ菅三位・・・

校訂本文

世の中に世心地おこりて、のがるる人少なかりけるころ、菅三位1)の家の前に、鎧(よろ)へるたぐひ数十騎、うつ立つて、入らんずる気色なるに、そのなかの主人と思しき人いはく、「隴山雲暗と書けるは、この家主ぞかし。いかでか、情けなかるべき」とて、うち過ぎぬと、人の夢に見えたりけり。

さて、その家の中には、あやしの下人にいたるまで、つつがなかりけり。

かの句は、清慎公2)の、大将を辞し給ひける時の表の文なり。

  隴山雲暗 李将軍之在家

  潁水浪閑 蔡征虜之未任

翻刻

七世中ニヨ心チヲコリテ遁人少ナカリケル比、菅三位家ノ
  前ニヨロヘルタクヒ数十騎ウツ立テ、イランスル気色ナル
  ニ、其中ノ主人トオホシキ人云、隴山雲暗トカケルハ此家
  主ソカシ、争カナサケナカルヘキトテ打過ヌト、人ノ夢ニ
  見エタリケリ、サテ其家中ニハアヤシノ下人ニ至マテ、ツツ/k43
  カナカリケリ、彼句ハ清慎公ノ大将ヲ辞給ケル時ノ表
  ノ文ナリ、
    隴山雲暗李将軍之在家
    潁水浪閑蔡征虜之未任/k44
1)
菅原文時
2)
藤原実頼
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-07.txt · 最終更新: 2016/03/08 14:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa