Recent changes RSS feed

十訓抄 第九 懇望を停むべき事

9の7 近ごろ鴨社の氏人に菊大夫長明といふ者ありけり・・・

校訂本文

近ごろ、鴨社の氏人に、菊大夫長明1)といふ者ありけり。和歌・管絃の道に、人に知れたりけり。社司を望みけるが、かなはざりければ、世2)を恨みて、出家してのち、同じく先立ちて、世を背きける人のもとへ、いひやりける、

  いづくより人は入りけん真葛原秋風吹きし道よりぞ来し

深き恨の心の闇は、しばしの迷ひなりけれど、この思ひをしも、しるべにて、まことの道に入るといふこそ、生死・涅槃、所同じく、煩悩・菩提、体一なりけることわり、たがはざりと思ゆれ。

この人、のちには大原に住みけり。『方丈記』とて、仮名にて書き置く物を見れば、はじめの詞(ことば)に、

  行く水の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

とあるこそ、

  世閲人而為世 人苒々行暮

  河閲水而為河 水泊々日度

といふ文3)を書けるよと思えて、いと哀なれ。

しかれども、かの庵にも、折琴(おりごと)・継琵琶(つぎびは)などをともなへり。念仏のひまひまには、糸竹(いとたけ)のすさみを思ひ捨てざりけるこそ4)、数寄のほど、いとやさしけれ。

そののち、もとのごとく和歌所の寄人にて候ふべき由を、後鳥羽院より仰せられければ、

  しづみにき今さら和歌の浦波に寄せばや寄らん海人の捨て舟

と申して、つひにこもり居て、やみにけり。

世をも人をも恨みけるほどならば、かくこそあらまほしけれ。

翻刻

十近頃鴨社ノ氏人ニ菊大夫長明ト云モノアリケリ、和
  歌管絃ノ道ニ人ニ知レタリケリ、社司ヲ望ケルカ不叶
  ケレハ、代ヲ恨テ出家シテ後、同クサキタチテ世ヲ背キ
  ケル人ノモトヘ云ヤリケル、
    イツクヨリ人ハ入ケンマクス原、秋風フキシミチヨリソコシ/k30
  深キ恨ノ心ノヤミハ、シハシノ迷ナリケレト、此思ヲシモシルヘ
  ニテ、実ノ道入ト云コソ、生死涅槃トコロ同ク煩悩菩提
  体一也ケルコトハリ、タカハサリトオホユレ、此人後ニハ大原
  ニスミケリ、方丈記トテカナニテ書置物ヲミレハ、始ノ詞
  ニ行水ノナカレハタエスシテ、シカモ本ノ水ニアラストアル
  コソ、
    世門人而為世人苒々行暮
    河門水而為河水泊々日度
  ト云文ヲカケルヨトオホエテ、イト哀ナレ、然而彼庵ニモオ
  リコトツキ比巴ナトヲトモナヘリ、念仏ノヒマヒマニハ、イトタ/k31
  ケノスサミヲ思捨サリケルコリ、スキノホトイトヤサシケ
  レ、其後如本和哥所ノ寄人ニテ候ヘキ由ヲ後鳥羽院ヨ
  リ仰ラレケレハ、
    シツミニキイマサラワカノウラナミニ、ヨセハヤヨランアマノステ舟
  ト申テ、終ニ籠居テヤミニケリ、世ヲモ人ヲモ恨ケルホト
  ナラハ、カクコソアラマホシケレ、/k32
1)
鴨長明
2)
底本「代」。諸本により訂正。
3)
『文選』巻四 陸士衡「歎逝賦」
4)
底本「こり」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho09-07.txt · 最終更新: 2016/03/04 19:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa