Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の13 良暹が歌にまくり手といふことを詠めりけるに・・・

校訂本文

良暹が歌に、「まくり手」といふことを詠めりけるに、住吉神主国基1)、「『まくり手』といふことやはある」と難じければ、「『やしほの衣まくり手にして』とあり。いかん」。国基いはく、「僻事(ひがごと)なり。紅に、『まふりて』といふことあり。それを書き誤れるなり」と言ふ。

良暹、しばらく案じて、「古歌に、

  風越(かざこし)の峰より下るる賤(しづ)の男(を)が木曽の麻衣まくり手にして

と侍るは、これも『まふり手』を誤てるか」と言ふ。国基、言ふことなし。

翻刻

良暹カ哥ニ、マクリテト云事ヲ読リケルニ、住吉神
主国基マクリ手ト云事ヤハ有ト難シケレハ、ヤシホノ
衣マクリ手ニシテト有如何国基云ク、僻事也紅/k164
ニマフリテト云事有、ソレヲ書アヤマレル也ト云、良暹
暫ク案シテ、古哥ニ、
  風コシノ峰ヨリオルル賤ノヲカ木曽ノ麻衣マクリテニシテ
ト侍ルハ、是モマフリ手ヲアヤマテルカト云、国基云事
ナシ、/k165
1)
津守国基
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-13.txt · 最終更新: 2015/11/14 14:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa