Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の27 小松内府賀茂祭見むとて車四五両ばかりにて一条大路に・・・

校訂本文

小松内府1)、「賀茂祭見む」とて、車四五両ばかりにて、一条大路に出で給へり。物見車はみな立ち並べて、隙間(すきま)もなし。

「いかなる車か、退けられんずらん」と、人々、目をすましたるに、ある便宜の所なる車どもを引出だしけるを見れば、みな人も乗らぬ車なりけり。かねて見所を取りて、人を煩らはさじのために、空車(むなぐるま)を五両立て置かれたりけるなり。

そのころの内府の綺羅(きら)にては、いかなる車なりとも、争ひがたくこそありけめども、六条の御息所の旧(ふる)き例も、よしなくや思え給ひけむ。さやうの心ばせ、情深し。

翻刻

小松内府賀茂祭見ムトテ、車四五両斗ニテ一条大路
ニ出給ヘリ、物見車ハ皆立ナラヘテスキマモナシイカ
ナル車カノケラレンスラント人々目ヲスマシタルニ、或便
宜ノ所ナル車共ヲ引出シケルヲ見レハ、皆人モ乗ヌ
車ナリケリ、兼テ見所ヲ取テ人ヲ煩ハサシノタメ
ニ、ムナ車ヲ五両立ヲカレタリケル也其頃ノ内府ノ
キラニテハ、イカナル車ナリトモアラソヒカタクコソ有/k59
ケメトモ、六条ノ御息所ノ旧キ例モヨシナクヤ思エ給
ケム、サヤウノ心ハセ情フカシ、/k60
1)
平重盛
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-27.txt · 最終更新: 2015/09/12 18:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa