Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の10 能因入道伊予守実綱にともなひてかの国に下りたりけるに・・・

校訂本文

能因入道、伊予守実綱1)にともなひて、かの国に下りたりけるに、夏の初め、日久しく照りて、民の歎き浅からざりけるに、「神は和歌にめで給ふものなり。こころみに詠みて、三島2)に奉るべき」由を、国司、しきりにすすめければ、

  天の川苗代(なはしろ)水にせき下せあま下ります神ならば神

と詠めるを、御幣(みてぐら)に書きて、社司をして3)申し上げさせたりければ、炎旱の天、にはかに曇り渡りて、大きなる雨降りて、枯れたる稲葉、おしなべて緑にかへりにけり。

たちまちに天災をやはらぐること、唐の貞観の太宗の、蝗(いなご)を呑めりし政(まつりごと)にも、劣らざりけり。

能因はいたれる数寄者なり。

  都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関

と詠めりけるを、「都にありながら、この歌を出ださんこと、無念」と思ひて、人にも知られず、久しくこもり居て、色を黒く、日にあぶりなしてのち、「陸奥(みちのく)の方へ修行のついでに詠みたり」とぞ、披露しける。

翻刻

九能因入道伊与守実綱ニトモナヒテ、彼国ニ下タリケルニ、
  夏初日久クテリテ、民ノ歎浅カラサリケルニ、神ハ和哥ニメ
  テ給物ナリ、試ニ読テ三島ニ奉ルヘキヨシヲ国司頻ニス
  スメケレハ、
    アマノカハナハシロ水ニセキクタセ、アマクタリマス神ナラハ神
  ト読ルヲ、ミテクラニ書テ、社司サシテ申上サセタリケレ/k45
  ハ、炎旱ノ天俄ニクモリワタリテ、大ナル雨フリテ、枯タル
  イナハ、ヲシナヘテ緑ニカヘリニケリ、忽ニ天災ヲヤハラク
  ル事、唐ノ貞観ノ太宗ノ蝗ヲノメリシ政ニモ、ヲトラサ
  リケリ、能因ハ、イタレルスキモノナリ、
    都ヲハ霞トトモニタチシカト、秋風ソフク白川ノセキ
  トヨメリケルヲ、都ニアリナカラ此哥ヲ出サン事無念
  ト思テ、人ニモシラレス久クコモリヰテ、色ヲクロク日
  ニアフリナシテ後ミチノクノ方ヘ修行ノ次ニ読タリ
  トソ披露シケル、/k46
1)
藤原実綱
2)
大山祇神社
3)
底本「さして」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-10.txt · 最終更新: 2016/03/09 16:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa