Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の32 大宰大弐高遠のものへおはしける道に・・・

校訂本文

大宰大弐高遠1)の、ものへおはしける道に、女房車をやりて過ける牛飼童部、のろひごとをしけるを聞きて、かの車をとどめて、尋ね聞きければ、ある殿上人の車を、女房たちの借りて、物詣でせられけるが、約束のほど過ぎて、道の遠くなるを、腹立つなりけり。

大弐、言はれけるは、「女房に車貸すほどの人なれば、主は、よも、さやうの情けなきことは思はれじ。おのれか不当にこそ」とて、牛飼を走らせて、主のもとへやりけり。

さて、わが牛飼に、「この女房の車を、いづくまでも、仰せられんにしたがひて、つかふまつれ」と下知せられける。

すき人はかくこそあらめと、いみじくこそ思ゆれ。

この人、はかなくなられてのち、ある人の夢に、

  ふるさとへ行く人もがな告げやらん知らぬ山路に一人迷ふと

ながめて居給へると、見えけり。

いかなるところに生れたりけるにか、あはれにおぼつかなし。

翻刻

卅六太宰大弐高遠ノモノヘオハシケル道ニ、女房車ヲヤ
    リテ過ケル牛飼童部ノロヒコトヲシケルヲ聞テ、
    彼車ヲトトメテ尋聞ケレハ、アル殿上人ノ車ヲ女房
    達ノ借テ物詣セラレケルカ、約束ノ程過テ道ノ遠
    クナルヲ腹立ナリケリ、大弐云レケルハ、女房ニ車カ/k177
    スホトノ人ナレハ、主ハヨモサヤウノナサケナキ事ハ思ハレ
    シ、オノレカ不当ニコソトテ、牛飼ヲハシラセテ主ノモ
    トヘヤリケリ、サテ我牛飼ニ此女房ノ車ヲイツクマ
    テモ仰ラレンニ随テツカフマツレト下知セラレケル、ス
    キ人ハカクコソアラメト、イミシクコソオホユレ、此人ハ
    カナクナラレテ後或人ノ夢ニ、
      古郷ヘ行人モカナツケヤラン、シラヌ山路ニヒトリ
      マヨフト
    ナカメテヰ給ヘルトミエケリ、イカナルトコロニ生レタ
    リケルニカ、哀ニオホツカナシ、/k178
1)
藤原高遠
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-32.txt · 最終更新: 2016/02/14 15:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa