Recent changes RSS feed

長歌

ちょうか

和歌の形式(歌体)の一つ。

五・七を繰り返し(句数はきまっていない)、五・七・七で終わる形式。一般的に、短歌形式の反歌をともなう。

万葉集に260首余り見られ、特に柿本人麻呂の長歌は漢詩の影響を受け、対句枕詞序詞などの修辞法を駆使し、秀逸である。

万葉集では人麻呂のほか、笠金村山部赤人高橋虫麻呂山上憶良大伴家持田辺福麻呂などに特色のある作品がある。

平安時代以後、古今和歌集ほかいくつかの勅撰和歌集などに見られるものの、衰退した。

【例文】『万葉集』423 柿本人麻呂

つのさはふ 磐余の道を 朝さらず 行きけむ人の 思ひつつ 通ひけまくは 霍公鳥 鳴く五月には あやめぐさ 花橘を 玉に貫き [一云 貫き交へ] かづらにせむと 九月の しぐれの時は 黄葉を 折りかざさむと 延ふ葛の いや遠長く [一云 葛の根の いや遠長に] 万代に 絶えじと思ひて [一云 大船の 思ひたのみて] 通ひけむ 君をば明日ゆ [一云 君を明日ゆは] 外にかも見む
rhizome/長歌.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:40 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa