Recent changes RSS feed

枕詞

まくらことば

意味

和歌の修辞法の一つ。

和歌全体の意味には関係なく、一定の語の上について修飾し、語調を整えるのに用いられる一句。通常五音である。

付き方には、連想や意味、音韻的な近似などがあるが、意味不明のものも多い。

同様の作用をして、二句以上のものに、序詞がある。

枕詞一覧

枕詞修飾する語
あかねさす日・昼・紫・君
あきつしま大和
あさつゆの消(け)・消え・おく・命
あしびきの山・峰・尾の上・(山の名前)
あづさゆみ引く・張る・射る・音・末
あまざかる日・鄙・向かふ
あまとぶや雁・軽・ひれ
あらがねの土・地
あらたまの年・月・日・春
あをによし奈良
いさなとり海・浜・灘・湖
いそのかみ古・降る・振る
いはばしる垂水・滝
うつせみの命・世・人・身・空(むな)し
うばたまの黒・闇・夜・夢・月
うまさけ三室・三輪・かみ
おきつものなばり・なびく
おほともの御津・高師
かきつばたにほふ・さき沼
からころも着る・裁つ・紐・袖・裾
くさまくら旅・ゆふ・仮・むすぶ
くれたけの節(よ)・ふし・世・夜
ささなみの近江・志賀・大津
さねかづらのちも逢ふ
さねさし相模
しきしまの大和
しろたへの衣・袖・雪・袂(たもと)
そらにみつ大和
たたなづく青垣
たたみこもへ・隔て・平郡(へぐり)
たまくしげふた・箱・み・明く
たまだすき懸け・畝火(うねび)
たまづさの使い・妹(いも)・言(こと)
たまのをの長き・短き・絶ゆ
たまぼこの道・里人・手向けの神
たまもかる敏馬(みぬめ)・沖
たらちねの母・親
ちはやぶる神・社・氏・宇治
つがのきのつぎつぎに
つゆじもの消ゆ・おく
とりがなく東(あづま)
なつくさのしげき・ふかく・野
にほどりのかづく・葛飾・なづさふ
ぬえどりの片恋・のどよふ
ぬばたまの黒・闇・夜・夢・月
はるがすみ立つ・春日
ひさかたの天・雨・空・月・雲・光
ふゆごもり春・張る
みづぐきの岡・跡・かき・流れ
みづどりの鴨・浮き・立つ・憂き
むらぎもの
もののふの八十氏川・宇治川・矢田・氏
ももしきの宮・大宮
ももづたふ八十・五十・渡る・津・石
やくもたつ出雲
やすみししわが大君
やまかはのたぎつ・おと・あさ
やまのゐの飽く・浅き
ゆふづくよ暁闇・をぐらし
わかくさの夫(つま)・妻・新(にひ)・若

参考サイト

rhizome/枕詞.txt · 最終更新: 2014/03/18 18:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa