Recent changes RSS feed

古今和歌集

こきんわかしゅう

解説

『古今集』と略す。最初の勅撰和歌集八代集の一番目。

延喜5年(905)醍醐天皇の勅命により、紀貫之紀友則壬生忠岑凡河内躬恒の四人の 撰者で編まれた。

1100首20巻。仮名序、真名序を備え、春(上・下)・夏・秋(上・下)・冬・賀・離別・羈旅・物名・恋(一〜五)・哀傷・雑歌(上・下)・雑体・大歌所御歌の部立がある。

電子テキスト

rhizome/古今和歌集.txt · 最終更新: 2014/04/11 03:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa