Recent changes RSS feed

阿仏尼

あぶつに(不詳〜1283)

鎌倉時代中期の女流歌人。

実の父母は不明だが、平度繁の養女となる。14,5歳ごろ安嘉門院に仕え、越前・右衛門佐・安嘉門院四条などと呼ばれた。

その後、法華寺に住み、松尾の慶政上人に侍したが、藤原為家の側室となり、冷泉為相冷泉為守を産む。

為家の死後、正妻の長男為氏と播磨国細川庄の相続訴訟のため弘安2年(1279)10月、鎌倉へ下る。その際の紀行文が『十六夜日記』である。

四年の鎌倉滞在後、訴訟の解決をみないまま、阿仏尼は没した。

続古今和歌集を始めとする、勅撰和歌集に44首入る。

その他の著書に『うたたねの記』(日記)『夜の鶴』(歌論書)『仮名諷誦』(為家追善の願文)があり、著書とされるものに『庭の訓』『乳母の文』などがある。

rhizome/阿仏尼.txt · 最終更新: 2014/04/07 03:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa