Recent changes RSS feed

打聞集

うちぎきしゅう

概要

作者未詳。平安時代末期成立の仏教説話集。一巻。

大正時代、山口光円により、金剛輪寺にて発見された。現在は、国立京都博物館の所蔵。

27話(目録による)からなり、そのすべてが『日本霊異記』『今昔物語集』・『宇治拾遺物語』・『古本説話集』などと説話を共有しているが、簡略化されたり、それらの作品にはない内容が付け加えたりされており、直接の親子関係にはないと考えられている。表記は漢字片仮名交じりで書かれ、異体字も多い。

巻末には『大和物語』・『大鏡』などの抄出が見られ、比較的古い本文とみられる。

電子テキスト

注釈書

  • 中島悦次『打聞集』(白帝社・昭和36年9月)
rhizome/打聞集.txt · 最終更新: 2018/07/26 02:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa