Recent changes RSS feed

漢字

かんじ

概要

3000年以上前から中国で使われるようになった文字。その後、東アジア周辺諸国に広まり、発祥の中国だけでなく、日本朝鮮半島ベトナムなどで使われ、現在でも中国、日本、朝鮮半島などで使用されている。

一つの漢字で一つ以上の意味を有すことから表意文字といわれる。また、同時に一つの音を表しているが、日本では、伝わってきた時代や地方による差異により、呉音漢音唐音など、複数の音を持つ場合が多い。

表意文字のため、数が多く、『大漢和辞典』で5万字余りを収録しているが、これがすべてというわけではない。

歴史

伝説としては、伏羲八卦を描いたことにより文字が始まり、黄帝の史官蒼頡が漢字を発明したとされるが、実際にどのような形で始まったかは不明。

現存する最古の漢字は甲骨文で、ついで金文がある。

参考項目

rhizome/漢字.txt · 最終更新: 2014/04/07 15:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa