Recent changes RSS feed

大鏡

おおかがみ

概要

平安時代に成立した、歴史物語。『世継物語』ともいう。

作者は不詳だが、藤原道長の五男、藤原能信周辺の誰かであろうとされる。

和文紀伝体]で書かれ、藤原道長の栄華を描く。

四鏡の一つ。

内容

190歳の老人大宅世継と、180歳近い老人夏山重木による、雲林院の菩提講で講師の来場を待つ間の昔語りという形式。

嘉祥三年(850)〜万寿二年(1025)の間のできごとを、康平八年(1065)の五月に語っているという設定。

五十五代文徳天皇から六十七代後一条院までの帝王本紀(巻一)と、大臣列伝(巻二〜六)からなり、特に道長には巻五と六を使っている。

六巻本の構成

巻一

  • 帝紀

巻二

巻三

巻四

巻五

  • 大臣列伝

巻六

諸本

参考

電子テキスト

参考文献

rhizome/大鏡.txt · 最終更新: 2014/04/07 03:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa