Recent changes RSS feed

部立

ぶたて

定義

和歌集で、和歌のテーマによる分類。

万葉集の場合、雑歌・相聞歌・挽歌の三大部立があり、古今和歌集では、春(上・下)・夏・秋(上・下)・冬・賀・離別・羈旅・物名・恋(一〜五)・哀傷・雑歌(上・下)・雑体・大歌所御歌の部立がある。

古今和歌集の部立は、含まれる内容が変わったり神祇・釈教が加わるなど、時代により多少の変化はあるが、おおむねこれ以降の歌集に踏襲された。

万葉集の三大部立

雑歌

雑歌。「ぞうのうた」、「くさぐさのうた」とも読む。相聞、挽歌以外の歌をすべていう。万葉集では相聞・挽歌よりも前に配置され、重んじられる。

相聞

相聞。古今集以降の部立に見られる、恋歌に相当し、男女の恋の歌を中心にするが、肉親や友人間の愛情も含まれる。

挽歌

挽歌。葬送の歌、病中の作、追悼など、人の死に関する歌。

古今和歌集以降の主な部立

四季

四季を詠んだ歌。春(陰暦1〜3月)夏(陰暦4〜6月)秋(陰暦7から9月)冬(陰暦10〜12月)それぞれあるが、とりわけ春と秋が多い。

賀歌。祝いの歌。長寿の祝い、出生・加冠などの通過儀礼、大嘗会・祭礼などの年中行事などをテーマとした歌。

離別

離別歌。任官・寺社参詣・遊覧など、旅立ちの別れの情を詠んだ歌。

羈旅歌と密接な関係にあり、拾遺和歌集金葉和歌集詞花和歌集では離別部に羈旅歌を含み、新古今和歌集以降では、新勅撰和歌集続古今和歌集続拾遺和歌集続千載和歌集風雅和歌集で羈旅部に離別歌が含まれる。

羈旅

羈旅歌。旅の景物、旅の際の経験や感情を詠んだ歌。

離別歌と密接な関係にあるが、千載和歌集新古今和歌集以降、実際の旅が増えるのに従い、離別部から羈旅部の歌へと重心がうつる。

物名

物名。「もののな」とも読む。歌の内容に関係なく、隠題折句などの技法を用いて、物の名前を和歌に詠み込んだもの。

恋歌。「こいうた」「こいか」とも読む。恋愛を詠んだ歌。万葉集の相聞に該当する。

哀傷

人の死を悲しみ追悼する歌。万葉集の挽歌に相当する。死去、葬送から、死者の述懐、辞世の歌など。

雑歌

雑歌。「ぞうのうた」「くさぐさのうた」とも読む。上記の部立に分類できない歌。日常性の高い歌が多い。万葉集の三大部立の一つでもあるが、古今和歌集以降の雑歌とは内容が異なる。

rhizome/部立.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa