Recent changes RSS feed

凡河内躬恒

おうしこうちのみつね

概要

生没年不詳。勅撰作者部類によると、凡河内褜利の子とあるが定かではない。

紀貫之と並び称される歌人で、古今和歌集選者の一人。三十六歌仙の一人。

寛平六年(896)二月、甲斐少目に任ぜられ、延喜七年(907)正月、丹波権大目、延喜十一年(911)正月、和泉権掾、延喜二十一年(921)正月、淡路権掾を歴任する。

躬恒の名が最初に出てくるのは『是貞親王家歌合』で、その後『寛平御時后宮歌合』『后宮胤子歌合』『亭子院女郎花合』などに見られる。

延喜五年(905)四月、紀貫之紀友則壬生忠岑らとともに選者となった。

古今和歌集初出。

伝説

大和物語十訓抄古今著聞集に説話が伝わる。

電子テキスト

参考文献

rhizome/凡河内躬恒.txt · 最終更新: 2014/04/07 03:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa