Recent changes RSS feed

閑居友

かんきょのとも

概要

鎌倉時代前期の仏教説話集

成立年代は、跋文に「承久四年」とあることから、承久4年(1222年)脱稿である。撰者は慶政と考えられている。

上下二巻からなり、上巻21話、下巻11話の計32話。巻にはそれぞれ冒頭に目録がある。

説話集ではあるが、各説話に作者自身の意見が多く書かれており、随筆的な性質も持っている。

第一話の後半から、鴨長明発心集の影響を受けていることがうかがえるが、先行の説話集に書かれた説話を意図的に避けているため、他書に採られた説話はほとんどない。また、女性に関する説話が多いため、高貴な女性の依頼によって作られたとも考えられている。

『閑居友』第一話後半部分

 さても、発心集には伝記の中にある人々あまた見え侍るめれど、この書には、伝に載れる人をば入るることなし。かつはかたがた憚りも侍り。また、世の中の人のならひは、わづかにおのれが狭く浅くものを見たるままに、「これはそれがしが記せるものの中にありし事ぞかし」など、よにもたやすげにいふ人もあるべし。また、もとより筆をとりてものを記せる者の心ざしは、「我この事を記しとどめずは、後の世の人いかでかこれを知るべき」と思ふより始まれるわざなるべし。さればこそ、章安大師は「この事もし墜ちなば、将来も悲しむべし」とは書き給ふらめ。いはんやまた、古き人の心も巧みに言葉もととのほりて記せらんを、今あやしげに引きなしたらむもいかがと覚え侍り。
 また、この書き記せる奥どもに、いささか天竺・震旦・日域の昔の後をひと筆など引き合はせたる事の侍るは、「これを端にて知り初むる縁ともやなり侍らん」など思ひ給ひて、つかうまつれる也。
 長明は、人の心をも喜ばしめ、また結縁にもせむとてこそ、伝の中の人をも載せけんを、世の人のさやうには思はで侍るにならひて、かやうにも思ひ侍るなるべし。ゆめゆめ草隠れなきかげにも、「我をそばむる詞かな」とは思ふまじきなり。

諸本

『閑居の友』の伝本は三種に分けることができ、甲類の誤綴による本文の差異から、甲類から乙類、丙類が発生したと考えられている。

また、甲類のなかでも、書陵部本と岩瀬文庫本は伝為相本の転写本と考えられ、書写年代の古さと、本文の正確さから伝為相本が最善本とされる。

甲類

  • 伝為相本 尊経閣
  • 宮内庁書陵部本
  • 岩瀬文庫本
  • 松平文庫本 島原市立公民館蔵

乙類

  • 神宮文庫本
  • 木板刊本
    • 寛文二年板
    • 刊年不明の本
    • 無刊記本
    • 青蓮院板
  • 続群書類従本

丙類

  • 譚玄本(一) 尊経閣蔵
  • 譚玄本(二) 吉田幸一蔵

参考

電子テキスト

注釈書

  • 中世の文学『閑居友』(美濃部重克・三弥井書店・昭和54年5月)
  • 新日本古典文学大系『宝物集 閑居友 比良山古人霊託』(小島孝之・岩波書店・1993年11月)

rhizome/閑居友.txt · 最終更新: 2015/08/14 22:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa