Recent changes RSS feed

比良山古人霊託

ひらさんこじんれいたく

成立と内容

延応元年(1239)5月11日に九条道家が病気になり、慶政が加持祈祷のため道家の住む法性寺に赴く。慶政が法性寺にいる間、二十一歳の女房に「比良山の大天狗」の霊が憑依した。

「比良山の大天狗」は自らを藤原鎌足の以前の祖であるといい、五月二十三日から二十八日までの間に、慶政と三度の問答をする。その問答を慶政が記録したもの。

問答の内容は、天狗が現れた意図、道家の病気の原因と治し方、関係者や著名人の後世、天狗の世界の状況などである。

参考文献

注釈書

  • 新日本古典文学大系『宝物集閑居友・比良山古人霊託』(木下資一校注・岩波書店・1993/11/22)

rhizome/比良山古人霊託.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa