Recent changes RSS feed

後撰和歌集

ごせんわかしゅう

概要

八代集の一つ。二番目の勅撰和歌集

撰者は梨壺の五人と呼ばれる、大中臣能宣清原元輔源順紀時文坂上望城。村上天皇の命による。

20巻1426首からなり、序文はない。

天暦5年(951)10月晦日、村上天皇の命によって、撰和歌所が後宮殿舎の一つである昭陽舎(梨壺)に置かれ、その別当に少将だった藤原伊尹が命じられ、五人の撰者が『万葉集』に訓点を付す作業と、勅撰集を選ぶ作業に従事した(『本朝文粋』巻12・『源順集』詞書)。

電子テキスト

rhizome/後撰和歌集.txt · 最終更新: 2014/04/15 14:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa