Recent changes RSS feed

唐物語

からものがたり

成立

平安時代末期に成立したと考えられる、27話からなる翻訳説話集。「桑華書誌」所載の「古蹟歌書目録」により、藤原成範の作という説が有力。

題名は『大和物語』にたいしての『唐物語』だろう。

内容

1話につき1首以上の和歌を持つ、歌物語の形式をとり、同様な形式をもつ蒙求和歌が、説話の内容を和歌にしているのに対し、説話の登場人物が和歌を詠むという形式になっている。

中国人が和歌を詠むという、ある意味シュールな説話集である。

出典は未詳の二話(第9話「張文成」・第27話「雪々」)をのぞき、すべて漢籍に求めることができ、 そのほとんどが『蒙求』(11話)と『白氏文集』(6話)である。

諸本

池田利夫氏によって次の三つに分類されている。

A類

尊経閣文庫本を祖本とするもの。尊経閣文庫本は鎌倉時代末期の筆写と考えられるが、一紙二丁が欠落している。

  • 尊経閣文庫本
  • 松平文庫本
  • 多和文庫本
  • 彰考館本
  • 宮内庁書陵部本
  • 東大史料編纂所本
  • 加茂季鷹校訂本
    • 名古屋大学文学部蔵。
    • 文化五年刊、恵比須屋市右衛門の版本の本文

B類

目録を有し、出典の注記がある。

  • 宮内庁書陵部一本
  • 日本大学本
  • 松尾本
    • 松尾聡氏蔵。下巻のみ。
  • 神宮文庫本
  • 筑波大学本
  • 国会図書館本

C類

版本系統。

  • 東京大学本
  • 清水浜臣校訂本
    • 文化六年刊、金花堂須原佐助版、版本。

吉田幸一氏所蔵異本

説話の配列が他の諸本と著しく異なっており、C類に近いが本文も異文が多い。古典文庫560で影印・翻刻。

電子テキスト

参考文献

注釈書

  • 唐物語新釈(浅井峯治訳注・有精堂)
  • 唐物語全釈(小林保治編著・笠間書院)
  • 講談社学術文庫『唐物語』(小林保治編著・講談社・2003年6月)
    • 笠間書院版の再刊
    • 旧版にあった酒井茂幸氏作成「類題歌・類想歌一覧」は紙幅の都合で割愛。

影印

  • 古典文庫『唐物語〈尊経閣文庫本〉』(池田利夫編・古典文庫・昭和47年5月)
  • 和泉書院影印叢刊82『唐物語 全』(安田孝子編・和泉書院・1993年4月)
    • 名古屋大学文学部国語国文学研究室所蔵本の影印。
  • 松平文庫影印叢書第七巻『中世説話編 唐鏡・唐物語・今物語』(松平黎明会編・新典社・平成5年8月)
  • 古典文庫『異本唐物語』(安田孝子編・古典文庫・平成5年7月)
    • 吉田幸一氏蔵異本『唐物語』の影印と翻刻。

rhizome/唐物語.txt · 最終更新: 2014/12/04 23:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa